【花だより】2022年4月15日現在 新緑の色づき見頃状況 リニューアルオープン! 遊歩道・観爆台が整備された洒水の滝 アクセスと駐車場 神奈川県山北町

 季節の花の開花状況や紅葉の色づき見頃状況をタイムリーにお届けする「花だより」のコーナー。今回のカタスミ日記は、2022年4月15日に撮影いたしました神奈川県西部、山北町の山間にひっそりと佇む名瀑、洒水の滝の新緑の色づき見頃状況をお届けいたします。

 

洒水の滝 新緑の色づき見頃状況

SIGMA sdQuattroH iso100 F13 13/10sec 18mm

 新緑の美しい季節がやってまいりました。

 今回の「花だより」は、花の開花状況ではなく、2022年4月15日に撮影いたしました新緑の緑の世界をお届けいたします。

 今回訪れましたのは、神奈川県西部の山間にひっそりと佇む名瀑、洒水の滝。

 「相模国第一の滝」とも言われます滝で、「日本の滝百選」や「かながわ未来遺産100」などにも選定されております滝となっております。

 先日、ニュースにもなっておりましたが、長期間に渡り工事が進められておりました新しい観爆台とそれに続く遊歩道が、2022年4月8日に完成し、今まで見ることのできなかった角度から洒水の滝を楽しむこともできるようになっております。

SIGMA sdQuattroH iso100 F11 13/10sec 63mm

 まずは、滝沢川に架かる和合橋そばの駐車場に車を駐車し、洒水の滝を目指します。

 無料の観光用駐車場は、和合橋の手前に数台分(公衆トイレあり)、和合橋を渡ったところにも数台分(未舗装)が用意されております。

 和合橋を渡った先の駐車場は、以前はただの広場のイメージでございましたが、現在は再整備され、未舗装とはなりますが、車両枠が明確になりましたほか、川沿いの木が伐採され、以前の鬱蒼とした雰囲気ではなく、見通しの良い駐車場に再整備されておりました。

 上の写真は、その和合橋そばの駐車場からの新緑風景。

 今回は、敢えて雨の降るお天気の中での撮影となっておりますが、「新緑が眩しい」のはお天気の良い日、「新緑が色鮮やか」なのは小雨の降るお天気の日で、鮮やかな緑を求めての雨の撮影となっております。

SIGMA sdQuattroH iso200 F7.1 3/5sec 21mm

 駐車場から洒水の滝までの間には、もみじがたくさん植えられております広場があり、新緑の今の時期には正しく「緑の世界」を楽しむことができるようになっております。

SIGMA sdQuattroH iso200 F6.3 3/5sec 106mm

 お天気の良くない日だからこそ撮れる写真。日差しの強いお天気の良い日でございましたら、もう少しギラギラとした異なる雰囲気になろうかと思われます。

SIGMA sdQuattroH iso100 F10 3sec 28mm

 幸せダルマの石像の付近から新しい観爆台へ続く階段遊歩道が整備されております。

 写真左下に小さく幸せダルマの像が写っております。

 今回整備されましたこちらの遊歩道は、226段の階段から成り、長さは118mとなっております。

 行きは観爆台までひたすら昇り続けることとなってしまいますので、踊り場などで休み休み自分のペースで昇っていただきたいところかと思われます。

 因みに、雨で濡れた状態の階段遊歩道でございましたが、階段は滑り止め加工が施されており、雨の日でも問題なく散策できます環境となっております。

SIGMA sdQuattroH iso100 F13 8/5sec 18mm

 観爆台から望む洒水の滝。

 観爆台の写真中央付近から右手の場所でございますと、滝の全体像を望むことができる環境となっております。

 ただ、冒頭の写真も観爆台から撮影したものとなっておりますが、滝の全体は写っておらず、滝の全体像を撮影したい場合には、広角(超広角)のレンズの方が宜しいかとも思われます。

SIGMA sdQuattroH iso100 F14 8/5sec 200mm

 望遠で新緑と滝を切り撮ってみました。

SIGMA sdQuattroH iso100 F10 2sec 33mm

 ちょうど観爆台の下に位置しております湧水の水汲み場。

 洒水の滝は、「名水百選」にも選ばれております水となり、水汲み場で水を汲んでおられる方も時折お見掛けいたします。

SIGMA sdQuattroH iso100 F11 5/2sec 33mm

 ここは以前からの風景となってしまいますが、水汲み場付近から滝の方を望みますと、朱塗りの橋越しに洒水の滝を望むことができるようになっており、定番の構図になろうかと思われます。

 2022年4月15日現在の洒水の滝の新緑の色づき見頃状況としましては、滝を囲むように新緑を楽しむことができ、見頃、また駐車場付近、あるいは途中の広場の周辺などでも、もみじを中心とします新緑を存分に楽しむことができます状況かと思われます。

 

洒水の滝 アクセスと駐車場

SIGMA sdQuattroH iso200 F6.3 1/2sec 125mm

 洒水の滝へのアクセスにつきましては、公共交通機関では、JR御殿場線山北駅より山北町内循環バスにて、「平山」バス停下車、徒歩15分ほどとなっております。

 神奈川県足柄上郡山北町平山1180付近

 自家用車にてのアクセスにつきましては、東名高速大井松田インターより約9.5㎞、車で15分ほどとなっております。

 洒水の滝への入口に位置しております和合橋の両側に観光用の無料の駐車場が設置されており、橋の手前の駐車場はトイレのある舗装された駐車場で、橋の奥の駐車場は未舗装の駐車場となっております。

 尚、和合橋周辺の道路につきましては、狭い道路となっておりますので、車の運転にはご注意の程お願い申し上げます。

 今回のカタスミ日記は、2022年4月15日現在、新緑が見頃を迎えております山北町の洒水の滝の色づきをお届けいたしましたが、いかがでしたでしょうか。

 まだまだコロナウイルス感染拡大状況は予断の許さぬ状況が続いておりますが、密を避け、人との距離を保ちながら、周りを意識しながら観光を楽しんでいただきたいところかと思われます。

2022.04.16記