【花だより】2022年9月15日現在 彼岸花の開花状況 泉の森の白曼殊沙華 アクセスと駐車場 神奈川県大和市

 季節の花の開花状況や紅葉の色づき見頃状況をタイムリーにお届けする「花だより」のコーナー。今回のカタスミ日記は、2022年9月15日に撮影いたしました大和市泉の森の彼岸花の開花状況をお届けいたします。

 

泉の森 彼岸花の開花状況

SIGMA sdQuattroH iso160 F9 1/15sec 200mm

 神奈川県大和市に位置しております泉の森は、引地川の水源地(大和水源地)を中心に、貯水池の機能も持たせた公園となっており、東名高速や国道246号線の傍でありながら、緑豊かな公園となっております。

 特にカワセミをはじめ約50種類の野鳥を観察できますことから、鳥狙いの写真愛好家の間では人気の撮影スポットにもなっております。

 園内には、自然観察センターやふれあいキャンプ場、古民家を移築復元した郷土民家園、湿生植物園などが設置され、また、約42haを誇ります広大な敷地でウォーキングを楽しむ方も多く見受けられます公園となっております。

 その様な大和市泉の森でございますが、園内の「くらやみ坂」の東側約400㎡の斜面に彼岸花の群生地があり、知る人ぞ知る彼岸花の名所となっております。

 泉の森の彼岸花の見頃の時期としましては、例年9月中旬から下旬頃が見頃の時期となっており、赤い曼殊沙華とともに白く可憐な白曼殊沙華も楽しむことができるようになっております。

 今回のカタスミ日記は、2022年9月15日に大和市泉の森を訪れてみましたので、写真を交えながら、彼岸花の開花状況をお届けしてまいりたいと思います。

SIGMA sdQuattroH iso160 F9 1/40sec 33mm

 まずは第2駐車場に車を駐車し、郷土民家園に立ち寄らせていただきます。

 郷土民家園は、市内に存在していました江戸時代の古民家を移築復元したもので、旧小川家主屋と旧北島家主屋の二棟を保存、一般公開がされております。

 郷土民家園につきましては、入場は無料となっておりますが、若干公園自体の開園日と異なる部分もございまして、月曜日と年末年始が休館日となっております。

 また朝9時より16時までの公開時間となっておりますのでご注意の程お願い申し上げます(7月21日から8月31日は17時まで)。

SIGMA sdQuattroH iso160 F8 3/5sec 46mm

 緑に囲まれた散策路をのんびりと散策し、引地川水源地に向かいます。

SIGMA sdQuattroH iso250 F9 3/5sec 46mm

 引地川水源地の碑の前にて。

 水源地自体はフェンスに囲まれており、間近に水源地の中を見学することはできないようになっております。

SIGMA sdQuattroH iso200 F6.3 1/8sec 106mm

 フェンス越しの水源地。

 水源地につきましては、国道246号線の北側の場所となっておりますが、今回の訪問の目的の彼岸花の群生地は、東名高速の近くの公園の南側のエリアとなっており、彼岸花の群生地までのんびりと向かいます。

SIGMA sdQuattroH iso160 F9 1/8sec 200mm

 くらやみ坂近くの彼岸花の群生地。

 赤い彼岸花はまだこれからの状況となっておりますが、9月15日現在、若干蕾も残ってはおりますものの、白い彼岸花が見頃の開花状況となっております。

SIGMA sdQuattroH iso200 F10 1/30sec 170mm

 白曼殊沙華は、ある種毒々しい妖艶な赤い曼殊沙華とは雰囲気が異なり、清楚で気品高い雰囲気となっております。

 白い彼岸花は、神奈川県内では西方寺や常泉寺、日向地区(日向薬師)などでも楽しむことができるかと思われますが、県内では最大級の白曼殊沙華の群生地でなかろうかと感じられますボリューム感となっております。

SIGMA sdQuattroH iso160 F10 1/25sec 125mm

 写真では少々判りづらいかとも思われますが、白い彼岸花に混ざって、淡いピンクの可憐な彼岸花も咲いております。

SIGMA sdQuattroH iso160 F10 1/25sec 75mm

 写真手前の赤い彼岸花のエリアにつきましては、若干咲き始めてきてはおりますものの、殆どが蕾の状況となり、白い彼岸花が見頃終盤から見頃過ぎになろうかというタイミングに、赤い彼岸花が見頃となるのではないかと思われます。

SIGMA sdQuattroH iso160 F11 1/40sec 75mm

 開花しております赤い彼岸花がございましたので、白い彼岸花をバックに撮影。

SIGMA sdQuattroH iso160 F11 1/30sec 200mm

 2022年9月15日現在の大和市泉の森の彼岸花の開花状況としましては、全体としましては4分咲き程度の開花状況になろうかと思われますが、赤い彼岸花と白い彼岸花では開花状況に差があり、白い彼岸花につきましては、若干蕾が残ってはおりますものの、8分咲き程度の開花かと思われ、見頃の状況となり、赤い彼岸花につきましては、まだほとんど蕾の状況で、一部で咲き始めております開花状況となっております。

 

泉の森 アクセスと駐車場

SIGMA sdQuattroH iso200 F10 1/20sec 200mm

 泉の森へのアクセスにつきましては、公共交通機関では、相鉄線相模大塚駅より徒歩にて15分ほどとなっております。

 神奈川県大和市上草柳1728付近

 自家用車にてのアクセスにつきましては、東名高速綾瀬スマートインターより約4.8㎞、車で15分ほどとなっております。

 駐車場につきましては、無料となりますが、駐車場開門時間が朝9時より17時までとなっており(6月から9月は19時まで)、また駐車場の周辺道路は狭小な道路となっておりますので、車の運転にはご注意の程お願い申し上げます。

 上記住所につきましては、公園の管理棟等が近い第1駐車場付近となりますが、初めての方は若干判りづらい部分もあろうかと思われますので、初めての方は、郷土民家園近くの第2駐車場(神奈川県大和市
上草柳629-1付近)のご利用もお勧めとなっております。

 今回のカタスミ日記は、2022年9月15日現在の泉の森の彼岸花の開花状況をお届けいたしましたが、いかがでしたでしょうか。

 コロナウイルス感染拡大防止のため、基本的な感染防止策を心がけ、密を避け、人との距離を保ちながら、周りを意識しながら、観光を楽しんでいただきたいところかと思われます。

2022.09.17記

卒FIT対策に業界最安水準の蓄電池【おてがるでんち】