かりがね堤(雁堤)のひまわり畑 2022年見頃時期とアクセス、駐車場 静岡県富士市

 夏の花と言いますと、やはり「ひまわり」。全国各地でひまわりの花を楽しむことができますが、富士山の麓、静岡県富士市の松岡地区に位置しております雁堤(かりがね堤)でもひまわり畑に黄色い大輪が咲き誇ります。今回のカタスミ日記は、かりがね堤のひまわり畑の夏の風景をご紹介いたします。

 

雁堤(かりがね堤)ってどんなところ?

SIGMA sdQuattroH iso100 F8 1/100sec 18mm

 静岡県富士市、富士川の左岸(東側)に広がる雁堤(かりがね堤)は、江戸時代の河川の治水と新田開発を目的に築堤された全長約2.7㎞にも及ぶ堤となっており、春には桜、秋には彼岸花やコスモスを楽しむことができます地域に愛される花の名所となっております。

 河川から堤の端までは、広大な敷地が広がり、茶畑やみかん畑としても活用されておりますほか、多目的グラウンドなど市民がスポーツを楽しむことができる施設なども設置されております。

 因みに余談となってしまいますが、河川におきまして、よく「右岸」、「左岸」という表現が用いられますかと思われますが、かりがね堤は富士川の「左岸」、つまり上流から下流に向かって左手に位置しておりますので「左岸」と呼ぶようになっております。

 富士山を望むことのできますロケーションで、写真愛好家の間でも人気の撮影スポットとなっておりますが、かりがね堤自体は広く、いまいちフォトスポットが把握しづらい一面もございまして、知る人ぞ知るスポットとなっております。

SIGMA sdQuattroH iso100 F8 1/125sec 29mm

 

雁堤(かりがね堤)のひまわり畑 見頃時期

SIGMA sdQuattroH iso100 F8 1/125sec 33mm

 雁堤(かりがね堤)では、地元農家を中心とするの有志団体「岩本山とかりがね堤を守る会」のみなさんが、耕作放棄地を利用してひまわりを育ててくれております。

 ロケーション的には、岩本山や富士川SAの観覧車を背景に広がるひまわり畑となっておりますほか、ひまわりの花の背中側からとなってしまいますが、良く晴れた日には富士山も望むことができるロケーションとなっております。

 かりがね堤のひまわり畑では、900㎡の畑に約5,000本(2021年)のひまわりが植えられ、決して大規模なひまわり畑ではございませんが、黄色い大輪が一面に広がる密度感のあるひまわり畑となっております。

 かりがね堤のひまわりの見頃の時期としましては、例年7月下旬から8月上旬頃が見頃の時期となっており、見頃の時期には地元の方を中心に多くの方が訪れますひまわり畑となっております。

 かりがね堤のひまわりは、花径の小さなひまわりも咲いておりますが直径が20㎝ほどのひまわりの花が中心となり、大人の人の肩ぐらいの高さに大輪を咲かせております。

 規模の割には充実したひまわり観賞を楽しむことのできますひまわり畑で、多くの方が訪れますが、比較的混雑は少なく、のんびり観賞したい方にはお勧めのひまわり畑となっております。

2022年7月20日現在 最新開花状況(別ページへリンク)

SIGMA sdQuattroH iso100 F7.1 1/200sec 26mm

 

雁堤(かりがね堤) アクセスと駐車場

SIGMA sdQuattroH iso100 F8 1/60sec 29mm

 雁堤(かりがね堤)へのアクセスにつきましては、公共交通機関では、JR身延線柚木駅より徒歩10分ほどとなっております。

 静岡県富士市松岡1962-3付近

 自家用車にてのアクセスにつきましては、東名高速富士インターより約6.5㎞、車で20分ほどとなっております。

 尚、上記住所ではナビ設定の際に上手く案内されない場合もございますので、現地で地図を確認しながら向かうことになろうかと思われます。

 ひまわり畑の傍に3台ほど停められる無料の駐車場が設置されておりますが、スペースに限りがあることと周辺道路が狭小となっておりますので、ご注意の程お願い申し上げます。

 具体的には、ひまわり畑は県道396号線富士川橋東側すぐの信号のある交差点(静岡県富士市松岡1814-1付近)から北側に500mほど進んだところの右手に位置しております。

 混雑時には、ひまわり畑から200mから300mほど東側の東雁公園(静岡県富士市松岡1048-1付近)から雁スポーツ広場(静岡県富士市松岡1000-36付近)にかけての土手が広くなっておりますので、そちらから徒歩にて移動した方が宜しいかとも思われます。

2022年7月20日現在 最新開花状況(別ページへリンク)

SIGMA sdQuattroH iso100 F7.1 1/100sec 38mm

 

終わりに

 今回のカタスミ日記は、耕作放棄地を利用したひまわり畑が富士山を背景に広がる雁堤(かりがね堤)のひまわりの咲く風景をご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。

 コロナウイルス感染拡大防止のため、基本的な感染防止策を心がけ、密を避け、人との距離を保ちながら、周りを意識しながら、観光を楽しんでいただきたいところかと思われます。

2022.07.12記

ササっとお手入れできて忙しい毎日に嬉しいオールインワン。
でも、朝は紫外線対策もしたいし、夜は保湿や補修ケアにも力を入れたい…。
そんな時は朝晩2つのオールインワンを使い分ける『肌美女(KIBIJO)オールインワンシリーズ』がおすすめです!