【花だより】2024年2月28日現在 河津桜の開花状況 おおいゆめの里「里山花まつり」 アクセスと駐車場 神奈川県大井町

 季節の花の開花状況や紅葉の色づき見頃状況をタイムリーにお届けする「花だより」のコーナー。今回のカタスミ日記は、2024年2月28日に撮影いたしましたおおいゆめの里の河津桜の開花状況をお届けいたします。

 

「四季の里 里山花まつり」おおいゆめの里 河津桜の開花状況

SIGMA sdQuattro iso100 F13 1/250sec 54mm

 神奈川県大井町に位置しております「おおいゆめの里」は、荒廃しつつある山林を里山へと復元させる活動を行う19haの対象地域を選定し、間伐や草刈り、継続的な植樹などを行っている地域となっております。

 おおいゆめの里の中心拠点となっております「農業体験施設四季の里」は、農業体験会や自然観察会などを行っておりますほか、地元野菜の直売なども行われております施設となっております。

 また、おおいゆめの里では、約170本の河津桜が植えられており、神奈川県西部地域では、松田町の西平畑公園と並び人気の河津桜お花見スポットとなっており、眼前に雄大な富士山を眺めながらピンクの河津桜のお花見を楽しむことができるようになっております。

 おおいゆめの里の河津桜の見頃の時期としましては、例年2月中旬から3月上旬頃が見頃の時期となっており、見頃の時期に合わせまして「桜まつり」も開催されております。

 2024年の「四季の里 里山花まつり」の開催期間としましては、2月23日(金・祝日)から3月10日(日曜日)までの開催期間となっており、お花見用臨時駐車場の設置やキッチンカーの出店などが行われる予定となっております。

 また、3月2日(土曜日)・3日(日曜日)には、ピザ作り体験ほか各種イベントが実施されますほか、17時より夜桜ライトアップも行われる予定となっております。

 今回のカタスミ日記は、2024年2月28日におおいゆめの里を訪れてみましたので、写真を交えながら、河津桜の開花状況をお届けしてまいりたいと思います。

 今回訪れますタイミングでは、河津桜の見頃のピークは過ぎてしまっておりますことは予想されましたが、余りにも良いお天気で富士山がくっきりと見えておりましたので、急遽再訪いたしました次第で、今回は花自体を楽しむお花見と申しますよりも富士山のある風景を楽しむことが目的で、富士山の写真が多めになっておりますことをご了承のほどお願い申し上げます。

SIGMA sdQuattro iso100 F8 1/500sec 33mm

 まずは、記念植樹エリアの河津桜を遠巻きに四季の里から望みます。

 遠巻きに望みますと綺麗に咲いておりますように見えますが、近くで見ますとかなり葉が目立ってきております状況で、当日は平日にも関わらずお花見を楽しむたくさんの方で賑わっておりましたが、葉が目立ってきておりますのでこちらのエリアは人影もまばらな状況となっております。

 開花の早かった記念植樹エリアとアプローチ道路沿いの河津桜につきましては、かなり葉が目立ってきており、2月28日現在、ほぼ見頃過ぎの開花状況となっております。

SIGMA sdQuattro iso100 F6.3 1/800sec 28mm

 富士山を望むことができます花木園側につきましても、木によりましては葉が目立ってきておりますが、記念植樹エリアよりも若干開花が遅かったこともございまして、まだ綺麗に咲いております木も存在する状況となっております。

SIGMA sdQuattro iso100 F10 1/400sec 39mm

 遠くに写っております木につきましては、それほど葉は気にならないかと思われますが、近づいてみますとそれなりに葉が出てきておりますので、見頃後半から終盤になろうかと思われますが、風景としましてお花見を楽しむ分には充分楽しめる状況ではなかろうかと思われます。

SIGMA sdQuattro iso100 F10 1/250sec 18mm

 人が途切れる瞬間を狙って広角で撮影。

 語弊を恐れずに申しますと、西平畑公園の良く整備された公園とは雰囲気が異なり、里山的な長閑な雰囲気の中でお花見散策を楽しむことができるようになっております。

SIGMA sdQuattro iso100 F10 1/250sec 24mm

 富士山を桜で囲むような構図で。

 おおいゆめの里の花木園エリアでは、いろいろなポイントから富士山を望むことができ、様々なアングル、構図で富士山の撮影を楽しむこともできますので、富士山目的の方にはお勧めのお花見スポットとなっております。

SIGMA sdQuattro iso100 F10 1/250sec 33mm

 筆者のお気に入りのアングル。

 河津桜の間の舗装されていない散策路が里山的雰囲気を感じさせてくれ、遠くには大井町、南足柄市の街並みを望みながら富士山を望む見晴らしの良さ、ここでしか味わうことのできない絶景かと思われます。

SIGMA sdQuattro iso100 F10 1/200sec 18mm

 2024年2月28日現在のおおいゆめの里の河津桜の開花状況としましては、エリアによりまして開花状況に差がございまして、記念植樹エリアにつきましては見頃終盤から見頃過ぎ、花木園エリアにつきましては、見頃後半から見頃終盤の開花状況となっており、全体的に終盤戦に入ってきている状況となっておりますので、気になられます方はお急ぎになられました方が宜しいかと思われます。

 

おおいゆめの里 アクセスと駐車場

SIGMA sdQuattro iso100 F10 1/500sec 63mm

 おおいゆめの里へのアクセスにつきましては、公共交通機関では、小田急小田原線新松田駅よりタクシーで15分ほどとなっております。

 神奈川県足柄上郡大井町柳265付近

 自家用車にてのアクセスにつきましては、東名高速大井松田インターより約5.3km、車で10分ほどとなっております。

 駐車場につきましては、平時は大井町農業体験施設「四季の里」の駐車場が利用可能とされておりますが、四季の里は月曜日が定休日で、月曜日には駐車場が閉鎖され利用できなくなっておりますので、ご注意の程お願い申し上げます。

 また例年、河津桜が見頃の時期になりますと隣接する「ラ・レイエス湘南(旧いこいの村あしがら)多目的スポーツ広場」が臨時駐車場として利用できるようになっておりますので、現地の案内板に従っていただきますようお願い申し上げます。

 2024年につきましては、2月15日(木曜日)よりお花見用臨時駐車場が利用可能となっており、平日は無料、土日祝日の8時30分から16時は有料(500円)となっております。

 また、イベントの実施されます3月2日(土曜日)・3日(日曜日)には、小田急小田原線新松田駅より四季の里まで無料臨時シャトルバスも運行されるようでございますので、気になられます方は大井町HPのイベントのコーナーにてご確認の程お願い申し上げます。

 今回のカタスミ日記は、2024年2月28日現在のおおいゆめの里の河津桜の開花状況をお届けいたしましたが、いかがでしたでしょうか。

 富士山を望むことができます絶景公園でございますので、良く晴れたお天気の日に訪れたいところかと思われます。

2024.02.29記

バス・JR・マイカーから選択OK!スキー・スノボツアーならビッグホリデー