【花だより】2022年5月18日現在 春バラの開花状況 小田原フラワーガーデン 「春のローズフェスタ」 アクセスと駐車場 神奈川県小田原市

 季節の花の開花状況や紅葉の色づき見頃状況をタイムリーにお届けする「花だより」のコーナー。今回のカタスミ日記は、2022年5月18日に撮影いたしました小田原フラワーガーデンの春バラの開花状況をお届けいたします。

 

小田原フラワーガーデン 「春のローズフェスタ」 春バラの開花状況

SIGMA sdQuattroH iso200 F8 1/60sec 18mm

 神奈川県小田原市の小高い丘に位置しております小田原フラワーガーデンは、年間を通して四季折々の花木を楽しむことのできます公園となっております。

 近隣の小田原市環境事業センターのゴミ焼却熱を利用した「トロピカルドーム温室」では、季節を問わず約300種類の熱帯植物を楽しむことができるようになっておりますほか、「渓流の梅園」では、早春の時期に約300種類500本の梅の花を楽しむことができますことも有名なところかと思われます。

 また梅園のほかにも、睡蓮や花菖蒲、バラの花なども楽しむことのできる公園となっております。

 小田原フラワーガーデンのバラ園では、約160品種、360株のバラが植栽されており、バラ観賞スポットとしましても人気のスポットとなっております。

 小田原フラワーガーデンの春バラの見頃時期としましては、例年5月上旬から6月上旬頃が見頃の時期となっており、見頃の時期に合わせまして「春のローズフェスタ」も開催され、オリジナル商品などのお土産物やバラ苗の販売、また事前申し込みが必要となってしまいますが、ROSEフラワーアレンジメント作りなどのイベントも行われる予定となっております。

 2022年の小田原フラワーガーデン「春のローズフェスタ」の開催期間としましては、5月14日(土曜日)から6月5日(日曜日)までの開催期間となっており、ローズフェスタ期間中は無休で開園となっております。

 今回のカタスミ日記は、2022年5月18日に小田原フラワーガーデンを訪れてみましたので、写真を交えながら、春バラの開花状況をお届けしてゆきたいと思います。

SIGMA sdQuattroH iso125 F6.3 1/60sec 46mm

 先ずは駐車場入口のロータリー前の花壇の様子から。

 色とりどりのバラが咲き競い、見頃を迎えております。

SIGMA sdQuattroH iso160 F8 1/60sec 40mm

 次はアルカディア広場の噴水付近から北側のバラ園を望みます。

 やはり絵になるバラ園で、筆者の好きなアングルとなります。

SIGMA sdQuattroH iso100 F9 1/60sec 18mm

 今回は、午後の遅い時間帯に訪れてみましたので、完全な逆光となってしまっております。

 後ろに見えております建物が、トロピカルドーム温室となります。

 小田原フラワーガーデンは、割りと早い時間帯から陰ってしまいますので、撮影目的で訪れます場合には、午前中からお昼過ぎまでの時間帯がお勧めの時間帯になろうかと思われます。

SIGMA sdQuattroH iso160 F8 1/60sec 18mm

 つるバラも咲いております。黄色い花が青空に映えます「ツルゴールドバニー」。

SIGMA sdQuattroH iso125 F8 1/60sec 18mm

 小田原フラワーガーデンのバラ園では、見頃のバラを眺めながらのんびりできます長いベンチも設置されておりますので、晴れた日にリラックスして楽しみたいところかと思われます。

SIGMA sdQuattroH iso100 F7.1 1/80sec 50mm

 ラベンダー色の花弁が美しい「シャルルドゥゴール」。

SIGMA sdQuattroH iso100 F7.1 1/320sec 50mm

 満開の「ジュビレデュプリンスドゥモナコ」。

SIGMA sdQuattroH iso200 F7.1 1/60sec 46mm

 深みのある色合いの「ブルーパヒューム」。

SIGMA sdQuattroH iso100 F7.1 1/80sec 38mm

 清楚な雰囲気を醸し出す「アイスフラワー」。

SIGMA sdQuattroH iso250 F7.1 1/60sec 40mm

 しっとりと上品な「花かがり」。

SIGMA sdQuattroH iso200 F7.1 1/60sec 33mm

 藤色の大輪「ブルーライト」。

SIGMA sdQuattroH iso160 F7.1 1/80sec 50mm

 小ぶりな花でございますが、可愛らしく咲く「ボニカ」。

SIGMA sdQuattroH iso100 F8 1/100sec 31mm

 紅白の絞りが印象的な「センチメンタル」。

SIGMA sdQuattroH iso100 F8 1/80sec 33mm

 2022年5月18日現在の小田原フラワーガーデンの春バラの開花状況としましては、ほぼ満開の開花状況となり、見頃の状況となっております。

 ただ、先日の雨のためか、若干傷んできております花も見受けられますので、気になられます方はお早めに訪れました方が宜しいかとも思われます。

 

小田原フラワーガーデン アクセスと駐車場

SIGMA sdQuattroH iso200 F8 1/60sec 40mm

 小田原フラワーガーデンへのアクセスにつきましては、公共交通機関では、JR東海道本線小田原駅東口2番乗り場より、フラワーガーデン・県立諏訪の森公園行き伊豆箱根バスにて約30分、「フラワーガーデン」バス停下車、すぐとなっております。

 もしくは、伊豆箱根鉄道大雄山線飯田岡駅より徒歩にて20分ほどとなっておりますが、アクセス道は急な坂道となりますので、体力に自信のない方は小田原駅よりバスのご利用がお勧めとなっております。

 神奈川県小田原市久野3798-5付近

 自家用車にてのアクセスにつきましては、小田原厚木道路小田原東インターより約4.7㎞、車で15分ほどとなっております。

 148台駐車可能な無料の駐車場が完備され、開門時間は朝9時より17時までとなっております。

 基本的には休園日は月曜日となっておりますが、季節により休園日の変動が見受けられますので、お出掛け前に関連施設のHP内に掲示されております「休園日のお知らせ」をご確認していただきますようお願い申し上げます。

 またローズフェスタ期間中につきましては、無休となっております。

 今回のカタスミ日記は、小田原フラワーガーデンのバラ園の2022年5月18日現在の開花状況をお届けいたしましたが、いかがでしたでしょうか。

 まだまだコロナウイルス感染拡大状況は予断の許さぬ状況が続いておりますが、密を避け、人との距離を保ちながら、周りを意識しながら、観光を楽しんでいただきたいところかと思われます。

2022.05.19記