【花だより】2023年1月12日現在 菜の花の開花状況 「吾妻山 菜の花ウォッチング」 吾妻山公園の菜の花と富士山の共演 アクセスと駐車場 神奈川県二宮町

 季節の花の開花状況や紅葉の色づき見頃状況をタイムリーにお届けする「花だより」のコーナー。今回のカタスミ日記は、2023年1月12日に撮影いたしました吾妻山公園の菜の花の開花状況をお届けいたします。

 

菜の花と富士山の共演 吾妻山公園の菜の花 開花状況

SIGMA sdQuattroH iso100 F14 1/60sec 89mm

 神奈川県二宮町に位置しております吾妻山公園は、標高136.2mに設置されております展望台と芝生広場から望む眺望が素晴らしい絶景の公園となっており、青い相模湾から箱根連山、富士山、丹沢の山々まで一望することができ、特に富士山に関しましては、国土交通省が選定しております「関東の富士見百景」にも選ばれております人気の公園となっております。

 公園には芝生広場のほかにご家族連れのみなさんに人気の全長102mのローラーすべり台などの大型遊具も設置されておりますほか、園内では、菜の花をはじめ、水仙、桜、ツツジなど四季折々の花木も楽しむことができるようになっており、特に早春の菜の花は有名なところで、菜の花と富士山の絶景コラボレーションを一目見ようと多くの方が訪れます人気の菜の花畑となっております。

 吾妻山公園の菜の花畑は芝生広場の西側エリアと斜面に設置されており、約6万株の早咲きの菜の花が植栽されており、菜の花の見頃の時期としましては、例年12月下旬から2月中旬頃が見頃の時期となっており、見頃の時期に合わせまして「菜の花ウォッチング」も開催されております。

 2023年の「吾妻山菜の花ウォッチング」の開催期間としましては、1月7日(土曜日)から2月12日(日曜日)までの開催期間となっており、期間中は地場産品の販売や地元商店街のレシートラリーなども実施される予定となっております。

 今回のカタスミ日記は、2023年1月12日に吾妻山公園を訪れてみましたので、写真を交えながら、菜の花と水仙の開花状況をお届けしてまいりたいと思います。

SIGMA sdQuattroH iso100 F14 1/60sec 24mm

 下り坂のお天気の予報となっておりましたので、富士山はあまり期待せずに訪れてみましたが、雲も多く、霞んでもおりましたが、富士山を観られましただけでも良しとすべきかもしれません。

 広角で撮影いたしますと一面に広がる広大な菜の花畑のようにも見えてしまいますが、富士山と菜の花の人気のアングルの畑はそれほど広くはなく、アングルも限られてしまいますので、混み合っております時間帯には譲り合って撮影を楽しんでいただきたいところかと思われます。

 筆者の経験では、菜の花が見頃となっております時期には、良く晴れた日には概ね午前10時過ぎには混雑が始まってしまいますので、撮影目的で訪れます場合には、町営第1駐車場オープンの8時30分に駐車場に到着し、9時を目標に山頂を目指す形が宜しいかと思われます。

SIGMA sdQuattroH iso100 F14 1/50sec 18mm

 メインの菜の花畑の側面にはベンチが並んでおり、富士山と菜の花を眺めながらゆっくりとした時間を過ごすこともできるようになっております。

 もちろん混雑時にはたくさんの人が腰かけておりますので、人の写り込まない写真はアングルが限られますのでご注意の程お願い申し上げます。

SIGMA sdQuattroH iso125 F10 1/50sec 18mm

 こちらは斜面側の菜の花畑。

 東屋の向こう側には青い湘南の海が広がっております。

SIGMA sdQuattroH iso100 F11 1/100sec 89mm

 東屋側から展望台方面を望みます。

 菜の花は満開となっております。

SIGMA sdQuattroH iso100 F9 1/125sec 89mm

 こちらは展望台からの富士山でございますが、やはり霞んでしまっております。

SIGMA sdQuattroH iso100 F13 1/60sec 54mm

 展望台の北側の脇にも小さな菜の花畑がございまして、こちらの畑の方は比較的混雑が少なく、富士山と菜の花の共演も楽しむことができるようになっております。

SIGMA sdQuattroH iso100 F13 1/50sec 46mm

 ちょうど展望台の下の場所から。

 展望台の下の菜の花畑につきましては、ちょっとした木道が設置されており、間近に菜の花を観賞することができますので、記念撮影やポートレートなども楽しむことができるのではないかと思われます。

SIGMA sdQuattroH iso100 F11 1/80sec 200mm

 こちらも展望台の下のエリアとなりますが、少しアングルを変えまして、咲き始めてきております白い水仙と菜の花を撮影してみました。

 ただこちらのアングルに関しましては、午前中は完全な逆光となってしまいますので、午後からがお勧めになろうかと思われます。

SIGMA sdQuattroH iso100 F7.1 1/60sec 54mm

 満開の菜の花を楽しみました後は、水仙の開花状況を確認しながら帰路に就きたいと思います。

 まずは展望台に続きます遊歩道沿いの水仙。

 こちらの水仙は若干咲き始めてきたかな、という印象の開花状況となっております。

SIGMA sdQuattroH iso100 F11 1/50sec 89mm

 ローラーすべり台や大型遊具の設置されております周辺の水仙につきましては、開花状況に差がございまして、既に見頃となっております株もございます一方で、まだ花を咲かせていない株もたくさんございます状況となっております。

SIGMA sdQuattroH iso100 F11 1/6sec 106mm

 つつじ園近くの水仙の群生しておりますエリアにつきましても、まだ咲き始めの状況となっており、水仙全体では1分咲き程度の開花状況でしょうか、まだ咲き始めの状況と言いましても宜しいかと思われます。

SIGMA sdQuattroH iso160 F8 1/160sec 33mm

 役場口の階段遊歩道の途中の展望台からはJR二宮駅や二宮の街並みを一望することができるようになっております。

 2023年1月12日現在の吾妻山公園の菜の花の開花状況としましては、満開の開花状況となっており、見頃を迎えております状況となっております。

 

吾妻山公園 アクセスと駐車場

SIGMA sdQuattroH iso100 F14 1/60sec 54mm

 吾妻山公園へのアクセスにつきましては、公共交通機関では、JR東海道本線二宮駅より徒歩5分ほどで公園入口(役場口)、そこより階段遊歩道を上り展望台まで20分ほどとなっております。

 また、役場口のほかにも中里口など数か所登り口がございますので、お出掛けになられます場合には、事前にアクセス経路を確認しておいた方が宜しいかと思われます。

 ひたすら上ってゆくこととなりますので、体力的には少々辛い部分もございますので、休み休み自分のペースで上っていただいた方が宜しいかとも思われます。

 足場が悪い遊歩道という訳ではございませんので、平服でも問題はございませんが、歩きやすい服装の方が宜しいかと思われます。

  神奈川県中郡二宮町山西1084付近

 自家用車にてのアクセスにつきましては、公園専用の駐車場は整備されておらず、麓の駅周辺のコインパーキング、もしくは町営第1駐車場を利用することとなりますので、ご注意の程お願い申し上げます。

 町営第1駐車場につきましては、東名高速秦野中井インターより約7.5㎞、車で15分ほどとなっており、駐車場からは坂道の遊歩道(中里口)を30分ほど上ってゆきますと展望台まで行くことができるようになっており、展望台のすぐ傍に菜の花畑が広がっております。

 町営第1駐車場(吾妻山臨時駐車場)

  神奈川県中郡二宮町二宮1240-10付近
  二宮町生涯学習センターラディアン隣り
  8時30分~19時、1回500円

 今回のカタスミ日記は、2023年1月12日現在の吾妻山公園の菜の花の開花状況をお届けいたしましたが、いかがでしたでしょうか。

 コロナウイルス感染拡大防止のため、基本的な感染防止策を心がけ、密を避け、人との距離を保ちながら、周りを意識しながら、観光を楽しんでいただきたいところかと思われます。

2023.01.12記

世界のトッププロが認める日本のゴルフメーカー【Grindworks(グラインドワークス)】