【花だより】2023年1月17日現在 水仙の開花状況 野比海岸(北下浦海岸通り)水仙ロード アクセスと駐車場 神奈川県横須賀市

 季節の花の開花状況や紅葉の色づき見頃状況をタイムリーにお届けする「花だより」のコーナー。今回のカタスミ日記は、2023年1月17日現在の野比海岸(北下浦海岸通り)水仙ロードの水仙の開花状況をお届けいたします。

 

野比海岸(北下浦海岸通り)水仙ロード 水仙の開花状況

SIGMA sdQuattroH iso100 F10 1/40sec 18mm

 神奈川県横須賀市に位置しております野比海岸は、現在では都市化が進んではおりますものの、かつては白砂青松の美しい海岸線で、対岸には房総半島も望むことのできます海岸となっております。

 野比海岸公園から千駄ヶ崎トンネル付近までの北下浦海岸通りでは、地元ボランティア団体「水仙の会」のみなさんを中心としまして地域の方が20年ほど前から水仙の球根を植え、管理をしてくださっております。

 現在では、沿道に300万本とも言われております水仙が植えられ、「水仙ロード」と呼ばれ親しまれております。

 野比海岸の水仙の見頃の時期としましては、例年12月下旬から1月下旬頃が見頃の時期となっており、見頃の時期を迎えますと甘い香りに包まれ、多くの方が散策に訪れます神奈川県内有数の水仙スポットとなっております。

 北下浦海岸通りでは、水仙の見頃の時期に合わせまして、「水仙ロードウォーク」のイベントが実施され、多くの方が参加いたしますイベントとなっております(2023年は1月15日開催(終了))。

 今回のカタスミ日記は、2023年1月17日に野比海岸(北下浦海岸通り)水仙ロードを訪れてみましたので、写真を交えながら、水仙の開花状況をお届けしてまいりたいと思います。

SIGMA sdQuattroH iso160 F8 1/15sec 125mm

 野比海岸の水仙ロードは、センターラインのございます一般道となりますので、ドライブで車窓から水仙も楽しむこともできなくもないかと思われますが、水仙の咲いておりますエリアには基本的に駐車スペースはなく、ゆっくり楽しむのでございましたら徒歩にての散策になろうかと思われます。

 今回は、くりはま花の国の第2駐車場(有料)から散策を開始してまいりたいと思います。

 駐車場から徒歩10分ほどでしょうか(約800m)、千駄ヶ崎トンネルを越えますと水仙ロードとなりますが、トンネルの手前にも見頃の水仙が歩道脇に咲いております。

 今回の散策コースは、駐車場から北下浦海岸通りに向かい野比海岸公園にて折り返す散策コースとし、まずは内陸側の歩道を進んでまいりたいと思います。

SIGMA sdQuattroH iso100 F7.1 1/60sec 39mm

 生憎の寒空のお天気でございましたが、まずは最初の見どころの久里浜医療センター入口付近の水仙の群生。

 こちらの水仙はちょうど見頃となっており、満開の開花状況となっております。

SIGMA sdQuattroH iso160 F8 1/40sec 18mm

 北下浦海岸通りは信号の少ない道路となっておりますが、両側に歩道が整備され、安心して散策を楽しむことができるようになっており、水仙の咲いておりますポイントでは甘い香りも楽しむことができるようになっております。

SIGMA sdQuattroH iso160 F8 1/80sec 106mm

 こちらはペーパーホワイトでしょうか、野比海岸水仙ロードでは日本水仙の数が圧倒的に多くなっておりますが、中にはこの様に真っ白い可憐な水仙も咲いております。

SIGMA sdQuattroH iso160 F8 1/60sec 39mm

 こちらは水仙ロードの起点となります野比海岸公園のマイルストーン「水仙」。

 この地点を起点としまして千駄ヶ崎トンネルまで約2.5㎞が水仙ロードとなっております。

 2.5㎞という広範囲な水仙スポットとなっておりますが、大きな見どころとしましては、野比海岸公園と久里浜医療センター入口、ビッドル広場の3か所になろうかと思われます。

SIGMA sdQuattroH iso160 F8 1/250sec 89mm

 野比海岸公園の水仙。

 こちらも満開、見頃の開花状況となっております。

 青空でございましたら、更に気持ちの良い風景になろうかと思われますが、肌寒い一日となってしまっております。

 実はこの後、少しだけ晴れ間が見えまして、帰路の医療センター入口付近で青空を撮影いたしましたのが、冒頭の写真となっております。

SIGMA sdQuattroH iso160 F8 1/60sec 63mm

 同じく野比海岸公園でアングルを変えて。

 野比海岸公園で水仙を楽しみました後は、今度は海辺側の歩道を通って帰路に就きたいと思います。

SIGMA sdQuattroH iso160 F7.1 1/60sec 106mm

 海辺側の見どころとしましては、先ほどの野比海岸公園とビッドル広場。

 こちらがビッドル広場の水仙となっております。

 若干咲き揃ってはいない印象の開花状況とはなっておりますが、ほぼ満開に近い開花状況となっており、海を眺めながら水仙の甘い香りに包まれながらゆったりとした時間を過ごすことができるようになっております。

SIGMA sdQuattroH iso100 F7.1 1/80sec 200mm

 2023年1月17日現在の野比海岸(北下浦海岸通り)水仙ロードの水仙の開花状況としましては、エリアによりまして開花状況に差はございますものの、全体としましてはほぼ満開に近い状況となっており、見頃の開花状況となっております。

 

野比海岸(北下浦海岸通り)水仙ロード アクセスと駐車場

SIGMA sdQuattroH iso160 F7.1 1/50sec 54mm

 野比海岸(北下浦海岸通り)水仙ロードへのアクセスにつきましては、公共交通機関では、京浜急行久里浜線YRP野比駅より徒歩10分ほどで野比海岸公園、もしくは京浜急行久里浜線京急久里浜駅より野比海岸行き京急バスにて約14分、「千駄ヶ崎」バス停下車、徒歩数分で海岸通りとなっております。

 神奈川県横須賀市野比2-9-2付近(野比海岸公園)

 自家用車にてのアクセスにつきましては、YRP野比駅周辺のコインパーキング、もしくはくりはま花の国第2駐車場を利用することになろうかと思われますので、今回はくりはま花の国第2駐車場へのアクセスをご紹介いたします。

 くりはま花の国第2駐車場へのアクセスにつきましては、横浜横須賀道路佐原インターより約4.5㎞、車で15分ほど、駐車料金は1回630円となっております。

 神奈川県横須賀市神明町1821-12付近(くりはま花の国第2駐車場)

 水仙ロードの起点となります野比海岸公園マイルストーンから久里浜医療センター入口までは約1.5㎞、医療センター入口からビッドル広場までは約0.5㎞、ビッドル広場から終点の千駄ヶ崎トンネルまでは約0.5㎞となっております。

 今回のカタスミ日記は、2023年1月17日現在の野比海岸(北下浦海岸通り)水仙ロードの水仙の開花状況をお届けいたしましたが、いかがでしたでしょうか。

 コロナウイルス感染拡大防止のため、基本的な感染防止策を心がけ、密を避け、人との距離を保ちながら、周りを意識しながら、観光を楽しんでいただきたいところかと思われます。

2023.01.20記

〜公式YouTubeチャンネル登録者数5万人突破〜革職人のお店【新進工房】