2千年の時を超えて。日本三大桜 山高神代桜の見頃時期とアクセス 山梨県北杜市

 福島県三春町の「三春の滝桜」、岐阜県本巣市の「淡墨桜」と並び日本三大桜のひとつに数えられております山梨県は北杜市の「山高神代桜」。樹齢2,000年とも言われます日本最古のエドヒガンザクラで、威風堂々とした佇まいで毎年春を迎えますと立派に花を咲かせてくれます。今回は、実相寺の境内に咲き誇る山高神代桜の風景をご紹介いたします。

 

日本最古のエドヒガンザクラの巨木 山高神代桜の咲く風景

山高神代桜ってどんな桜?

SIGMA sdQuattro iso100 F5.6 1/125sec 17mm

 樹齢が2,000年とも言われます日本最古のエドヒガンザクラの巨木の「神代桜」は、山梨県は北杜市の実相寺の境内の中にございます。

 「神代桜」という名前の桜は、ここの他にもございますようで、他と区別するために地名を付けて「山高神代桜」と呼ばれることが多くなっております。

 山高神代桜は、ヤマトタケルノミコトが東征の際に植えたと伝えられる伝説が残っており、2,000年の時を超えて、現在でも春には花を咲かせてくれております。

 山高神代桜は、高さが10.3m、幹回り11.8mほどの巨木で、老木となってしまいました現代では、最盛期の頃の枝ぶりや勢いは衰えては来ておりますが、歴史を感じる孤高の名木の雰囲気を醸し出しております。

 大正11年には、国の天然記念物の第1号としましても指定されております。

SIGMA sdQuattro iso100 F5.6 1/125sec 17mm

 

神代桜の見頃時期と桜まつり

SIGMA sdQuattro iso100 F4 1/125sec 50mm

 山高神代桜の植えられております実相寺は、永和元年(1375年)に創建されました日蓮宗の寺院となります。

 実相寺の境内には、神代桜の他にもしだれ桜や、30本ほどのソメイヨシノなどの桜も植えられており、お花見の時期になりますと多くの人で賑わいます。

 神代桜の見頃の時期としましては、例年4月上旬から中旬頃が見頃の時期となり、毎年見頃の時期に合わせまして、「神代桜まつり」も開催されるようになっております。

 2020年につきましては、コロナウイルス感染拡大防止の観点から、桜まつりは中止となってしまいましたが、コロナ収束の際には復活を期待したいところかと思われます。

 また、桜が見頃の時期に合わせまして、実相寺の境内では、約8万株のラッパ水仙が足元を彩り、美しい春の風景を奏でてくれております。

SIGMA sdQuattro iso100 F2.8 1/80sec 50mm

 

実相寺 山高神代桜 アクセスと駐車場

SIGMA sdQuattro iso100 F3.5 1/100sec 50mm

 山高神代桜の植えられております実相寺へのアクセスにつきましては、公共交通機関では、JR中央本線日野春駅よりタクシーにて15分ほどとなっております。

 山梨県北杜市武川町山高2763付近

 自家用車にてのアクセスにつきましては、中央道須玉インターより約7.6㎞、車で15分ほどとなっております。

 桜まつりが開催されます場合には、付近に有料の臨時駐車場が数ヵ所設置されますので、お出掛けになられます際には、関連施設のHPなどで事前に情報のご確認をお願い申し上げます。

SIGMA sdQuattro iso100 F4.5 1/125sec 35mm

 

終わりに

 今回は、日本三大桜のひとつ、実相寺の山高神代桜の咲く春の風景をご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。

 2千年の時を超えて、今でも花を咲かせてくれます神代桜は、パワーを感じるもので、是非とも一度足を運んでいただきたいところかと思われます。

 筆者も現地を訪れます前には、「一本桜でしょ?」という感覚で訪れましたが、実相寺の境内は溢れんばかりの桜が咲き誇り、思いのほか時間をかけてお花見を楽しませていただいた記憶がございます。

 また、わに塚の桜などからも比較的近く、併せてお花見を楽しんでいただくこともお勧めかと思われます。

 まだまだコロナウイルス感染拡大状況は予断の許さぬ状況が続いておりますが、密を避け、人との距離を保ちながら、周りを意識しながら、観光を楽しんでいただきたいところかと思われます。

2021.02.20記