【花だより】2022年5月23日現在 春バラ・あじさいの開花状況 相模原北公園 「アジサイ・ローズフェア」 アクセスと駐車場 神奈川県相模原市

 季節の花の開花状況や紅葉の色づき見頃状況をタイムリーにお届けする「花だより」のコーナー。今回のカタスミ日記は、2022年5月23日に撮影いたしました相模原北公園の春バラと紫陽花の開花状況をお届けいたします。

 

相模原北公園 春バラと紫陽花の開花状況

SIGMA sdQuattroH iso100 F8 1/60sec 18mm

 神奈川県相模原市に位置しております相模原北公園は、雑木林を活用した総合公園となっており、園内にはスポーツ広場や総合体育館、水辺の広場やハーブ園、梅園なども設置されております公園となっております。

 相模原北公園と申しますと、6月下旬に見頃を迎えますアナベルの一面に広がる白い絨毯は有名なところとなっておりますが、紫陽花のほかにも、梅の花やバラ、彼岸花など四季折々の花木を楽しむことのできる公園にもなっております。

 相模原北公園のバラ園では、ロックガーデン周辺と花木園周辺の2つのエリアから成っており、オールドローズからイングリッシュローズ、ワイルドローズなど約85品種、1,900株のバラが植栽されており、春バラの見頃時期としましては、例年5月中旬から6月上旬頃が見頃の時期となっております。

 春バラと紫陽花の見頃の時期に合わせまして、「アジサイ・ローズフェア」が例年開催されておりましたが、コロナウイルス感染拡大以降は開催が見合されております状況となっております。

 今回のカタスミ日記は、2022年5月23日に相模原北公園を訪れてみましたので、写真を交えながら、春バラと紫陽花の開花状況をお届けしてゆきたいと思います。

SIGMA sdQuattroH iso200 F7.1 1/100sec 63mm

 今回も前回訪問時と同様に総合体育館前の第1駐車場に駐車し、あじさい園とバラ園に向かいます。

 第1駐車場からあじさい園へ向かう通路沿いでは、ブラシが大量生産中でございます。

SIGMA sdQuattroH iso160 F7.1 1/125sec 75mm

 こちはら製作途中のブラシ。

SIGMA sdQuattroH iso250 F7.1 1/80sec 63mm

 完成品はこちら。

 2022年5月23日現在、相模原北公園ではブラシノキの花が見頃を迎えており、ブラシそっくりの花がたくさん開花しております。

SIGMA sdQuattroH iso100 F7.1 1/80sec 18mm

 さて、あじさい園の紫陽花の開花状況となりますが、結論から先に申し上げますと、まだ咲いていない状況となっております。

 相模原北公園の紫陽花の見頃時期としましては、例年6月上旬からヤマアジサイが咲き始め、中旬にガクアジサイや西洋アジサイ、下旬にアナベルが見頃の時期となってまいります。

SIGMA sdQuattroH iso100 F8 1/200sec 75mm

 西洋アジサイはちらほらと咲き始めてはおりますが、まだまだ咲いていないに等しい状況かと思われます。

SIGMA sdQuattroH iso100 F7.1 1/60sec 18mm

 こちらはアナベルの植えられておりますエリア。

 現在は、「白い絨毯」ではなく「緑の絨毯」の様相となっております。

SIGMA sdQuattroH iso100 F7.1 1/125sec 75mm

 アナベルの花につきましても、まだ咲いていないに等しい状況かと思われます。

SIGMA sdQuattroH iso250 F8 1/100sec 147mm

 あじさい園の後は、バラ園に向かいます。

 ロックガーデン側のバラ園では、階段中央の黄色いバラのエリアは、若干見頃のピークは過ぎつつあり、見頃後半かと思われます状況となっております。

 階段両脇の半つるバラにつきましては、漸く咲き始めてまいりました状況となっており、これからが見頃となろうかと思われます。

SIGMA sdQuattroH iso125 F8 1/60sec 18mm

 西洋風東屋の北側の階段のシュネーケニギンは満開で見頃の開花状況となっております。

SIGMA sdQuattroH iso100 F9 1/100sec 33mm

 シュネーケニギンは小ぶりな花を咲かせる半つるバラで、真っ白い花がたくさん咲き、青空にも映える風景となっております。

SIGMA sdQuattroH iso100 F7.1 1/125sec 63mm

 ロックガーデン側のバラ園から今度は花木園側のバラ園に向かいます。

 花木園側のバラ園からは、遠くには丹沢の山々を望むことのでき、開放的な雰囲気のバラ園となっております。

 花木園側バラ園の5月23日現在の開花状況としましては、見頃ではございますが、見頃のピークは若干超えてしまっております雰囲気となり、見頃後半に差し掛かっている開花状況かと思われます。

SIGMA sdQuattroH iso100 F7.1 1/200sec 106mm

 ピンクの花が可愛らしい「ザ・マッカトニーローズ」は見頃を迎えております。

SIGMA sdQuattroH iso100 F7.1 1/500sec 125mm

 優しい色合いの「オジアーナ」。

SIGMA sdQuattroH iso100 F7.1 1/200sec 63mm

 シャープで色合いの美しい「紫雲」。

SIGMA sdQuattroH iso100 F7.1 1/200sec 63mm

 青空に咲く純白の「アイスバーグ」。

 アイスバーグは満開でこの日の一番の見どころとなっておりました。

SIGMA sdQuattroH iso100 F8 1/250sec 125mm

 花弁のグラデーションの色合いが美しい「ノズタルジィ」。

SIGMA sdQuattroH iso100 F7.1 1/320sec 54mm

 上品な色合いの「ブルーライト」。

SIGMA sdQuattroH iso100 F7.1 1/640sec 125mm

 ゴージャスで華やかな「ダイアナ プリンセス オブ ウェールズ」。

SIGMA sdQuattroH iso100 F7.1 1/160sec 89mm

 真っ赤な花が鮮烈な「ヘルツアス」。

SIGMA sdQuattroH iso100 F7.1 1/200sec 106mm

 淡い色合いが美しい「エル」。

SIGMA sdQuattroH iso160 F7.1 1/250sec 147mm

 華やかな明るい色合いの「光彩」。

SIGMA sdQuattroH iso100 F7.1 1/200sec 75mm

 オレンジ色の大輪「夢」。

SIGMA sdQuattroH iso100 F8 1/250sec 75mm

 可愛らしい花がたくさん咲いております「ディズニーランドローズ」。

SIGMA sdQuattroH iso250 F7.1 1/160sec 106mm

 咲き始めてきております半つるバラの「シェスタ」。

SIGMA sdQuattroH iso160 F7.1 1/125sec 75mm

 2022年5月23日現在の相模原北公園の春バラの開花状況としましては、若干見頃のピークは超えたかという印象で、見頃後半に差し掛かっております開花状況になろうかと思われます。

 バラ園のメインエリアとなります花木園では、見頃のピークは超えつつも、まだ花数も多い開花状況となり、ロックガーデン側のバラ園では、半つるバラが咲き始めてきており、これから半つるバラの見頃となるものと思われます。

 またあじさい園の紫陽花の開花状況につきましては、ちらほらと咲き始めてはきておりますが、全体的にはまだ咲いていないと言いましても過言ではない開花状況となっておりますほか、通路沿いのブラシノキが満開で見頃の開花状況となっております。

2022年6月7日現在 最新開花状況(別ページへリンク)

 

相模原北公園 アクセスと駐車場

SIGMA sdQuattroH iso100 F7.1 1/125sec 28mm

 相模原北公園へのアクセスにつきましては、公共交通機関では、JR相模線・京王電鉄相模原線橋本駅より神奈川中央交通バス(神奈中バス)にて「北公園入口」バス停下車、徒歩2分ほどとなっております。

 神奈川県相模原市緑区下九沢2368-1付近

 自家用車にてのアクセスにつきましては、圏央道相模原インターより約4.5㎞、車で15分ほどとなっております。

 公園には無料の駐車場も数ヵ所設置されており、第1駐車場は朝7時30分より22時まで、第2駐車場の方は、朝8時から19時まで(冬季は18時まで)となっており、花木園へは第2駐車場の方が便利かと思われます。

 今回のカタスミ日記は、2022年5月23日現在の相模原北公園の春バラと紫陽花の開花状況をお届けいたしましたが、いかがでしたでしょうか。

2022年6月7日現在 最新開花状況(別ページへリンク)

 まだまだコロナウイルス感染拡大状況は予断の許さぬ状況が続いておりますが、密を避け、人との距離を保ちながら、周りを意識しながら、観光を楽しんでいただきたいところかと思われます。

2022.05.25記

脚がやせにくいあなたに「ナーヴ」目指せ!合計-8cm美脚体験【エルセーヌ】