【花だより】2023年5月9日現在 ネモフィラ・菜の花の開花状況 河口湖大石公園 富士山との絶景共演 アクセスと駐車場 山梨県富士河口湖町

 季節の花の開花状況や紅葉の色づき見頃状況をタイムリーにお届けする「花だより」のコーナー。今回のカタスミ日記は、2023年5月9日に撮影いたしました大石公園のネモフィラと菜の花の開花状況をお届けいたします。

 

富士山を望む絶景公園 河口湖大石公園 ネモフィラの開花状況

SIGMA sdQuattroH iso100 F11 1/60sec 18mm

 山梨県富士河口湖町に位置しております大石公園は、河口湖越しに富士山を望むことができる人気の公園となっており、外国人観光客のみなさんもたくさん訪れます人気の公園となっております。

 園内の河口湖自然生活館では、ブルーベリージャムなどのブルーベリー関連商品やお土産物を扱うショップ、富士山を眺めながら軽食を摂ることができます「富士山の見えるカフェ」やテラスなどが設置されております。

 また、大石公園では四季折々の花木も楽しむことができ、特に河口湖ハーブフェスティバルのメイン会場にもなっておりますラベンダー畑は有名なところかと思われます。

 そのような河口湖大石公園でございますが、春にはネモフィラや菜の花を楽しむことができ、特に近年は富士山を望むことができるネモフィラ畑として注目度が高まってきておりますネモフィラスポットにもなっております。

 河口湖大石公園のネモフィラと菜の花の見頃の時期としましては、例年5月上旬から下旬頃が見頃の時期となっておりますが、山梨県の富士山を望むことができますネモフィラスポットの山中湖花の都公園や富士吉田市恩賜林庭園などに比べまして、若干見頃のタイミングが遅い印象のネモフィラスポットとなっております。

 今回のカタスミ日記は、2023年5月9日に河口湖大石公園を訪れてみましたので、写真を交えながら、ネモフィラと菜の花の開花状況をお届けしてまいりたいと思います。

 基本的には、秋に紅葉を楽しむことができますコキア畑の場所にネモフィラと菜の花が植えられておりますが、昨年とはレイアウトが変更になり、菜の花畑の場所が公園東端から西端のエリアへ変更となっておりますので、ご注意の程お願い申し上げます。

SIGMA sdQuattroH iso100 F11 1/60sec 31mm

 まずは中央のネモフィラ畑から。

 中央のネモフィラ畑は、ラベンダー畑の一角の湖岸に設けられ、広くはございませんが、容易に人の写り込まない絶景写真を撮影することができます人気の撮影スポットとなっております。

 中央のネモフィラ畑の開花状況としましては、見頃始めの開花状況となっておりますが、まだ若干密度感が薄い印象となっており、今後の更なる開花が期待される状況になろうかと思われます。

SIGMA sdQuattroH iso100 F11 1/60sec 18mm

 次は、公園東端のエリアに設置されておりますネモフィラ畑。

 こちらはネモフィラ畑と湖岸の間に通路が設けられておりますので、ポートレートや記念撮影などをされます場合には、こちらの畑の方が撮影しやすいかと思われます。

 昨年は、こちらの畑の半分が菜の花畑となっておりましたが、2023年はネモフィラ畑が拡張し、菜の花畑は公園西端のエリアに移動となっておりますので、ご注意の程お願い申し上げます。

 中央のネモフィラ畑よりも東側の畑の方が若干咲き揃っている印象となっておりますが、例年に比べまして若干まだ密度感が薄い印象の開花状況となっております。

SIGMA sdQuattroH iso100 F10 1/80sec 24mm

 公園西側に伸びる350mの花街道の先に移動いたしました菜の花畑でございますが、こちらも若干密度感が薄い印象となってはおりますが、昨年より規模も拡大し、開放的な空間で菜の花畑を楽しむことができるようになっております。

 5月9日現在の菜の花の開花状況としましては、見頃始めの開花状況かと思われ、若干見頃のピークには至っていない印象の開花状況になろうかと思われます。

SIGMA sdQuattroH iso100 F10 1/50sec 20mm

 また、大石公園では富士山を望む絶景バラ園も人気のバラ園となっておりますが、バラ園の一角にもネモフィラが植えられておりますので、気になられます方は探してみてはいかがでしょうか。

 因みに春バラの方はまだ開花しておらず、6月に入りましてからが春バラの見頃の時期になろうかと思われます。

SIGMA sdQuattroH iso100 F7.1 1/100sec 28mm

 ラベンダーにつきましても当然まだ咲き始めておらず、ラベンダーの見頃の時期としましては例年6月下旬から7月上旬頃が見頃の時期となっております。

SIGMA sdQuattroH iso100 F7.1 1/200sec 18mm

 2023年5月9日現在の河口湖大石公園のネモフィラの開花状況としましては、見頃始めの開花状況かと思われ、若干まだ密度感の薄い状況となり、今後の更なる開花が期待されるところかと思われ、また菜の花の開花状況につきましても同様で、若干ピークには至ってはいないものの見頃始めの開花状況かと思われる状況となっております。

2023年5月18日現在 最新開花状況

 

河口湖大石公園 アクセスと駐車場

SIGMA sdQuattroH iso100 F10 1/125sec 18mm

 大石公園へのアクセスにつきましては、公共交通機関では、富士急行線河口湖駅より富士五湖周遊バス(レッドライン)にて約32分、「河口湖自然生活館」バス停下車、すぐとなっております。

  山梨県南都留郡富士河口湖町大石2585付近

 自家用車にてのアクセスにつきましては、中央道河口湖インターより約8㎞、車で15分ほどとなっております。

 また、無料の駐車場を完備しておりますが、特に週末などは駐車場の混雑が予想されますので、ご注意の程お願い申し上げます。

 尚、富士山目的の場合は、早朝の時間帯に訪れますことがお勧めとなりますが、園内のバラ園とトイレにつきましては、河口湖自然生活館の営業時間外は立ち入ることはできませんので、ご注意の程お願い申し上げます(ネモフィラ畑は見学できます)。

 今回のカタスミ日記は、2023年5月9日現在の河口湖大石公園のネモフィラと菜の花の開花状況をお届けいたしましたが、いかがでしたでしょうか。

2023年5月18日現在 最新開花状況

 コロナウイルス感染拡大防止のため、基本的な感染防止策を心がけ、密を避け、人との距離を保ちながら、周りを意識しながら、観光を楽しんでいただきたいところかと思われます。

2023.05.11記

日本初!全国規模の動画審査コンクール応募【全日本ピアノコンクール】