可睡ゆりの園 3万坪に広がるゆりの競演 2024年見頃時期と開花状況、アクセスと駐車場 静岡県袋井市

 200万輪とも言われますゆりの花が丘陵斜面に咲き競う袋井市の可睡ゆりの園。南斜面の一面の黄色いユリの絨毯や北斜面の5色のユリの帯など見どころも豊富なゆり園となっております。今回のカタスミ日記は、全国でも有数のゆりの名所、可睡ゆりの園のユリの咲く風景をご紹介いたします。

 

一面に広がる黄色いユリの絨毯 可睡ゆりの園

SIGMA SD1Merrill iso100 F10 1/100sec 68mm

 静岡県袋井市に位置しております可睡ゆりの園は、ゆりの開花の時期に合わせまして期間限定で開園いたします全国でも有数のユリの名所となっております。

 約3万坪の広大な敷地のゆりの園では、池を中心とする回遊式の庭園となっており、ユリの花の見頃の時期にはゆりの香りが庭園内を包み込みます。

 正面入口から入場いたしましてすぐに、様々な品種の色とりどりのゆりの大輪が出迎えてくれ、初めて訪れました方は感動を隠すことができないことが予想されますが、可睡ゆりの園の最大の見どころとしましては、何と申しましても、南入口近くの南側斜面に咲き誇ります見渡す限りの黄色いゆりの絨毯かと思われます。

SIGMA sdQuattroH iso160 F7.1 1/200sec 89mm

 上手く斜面を利用して植えられており、上からの角度、下からの角度、さまざまな角度から見ることができるように遊歩道が配置され、混雑時でも人の写り込まない写真が難なく撮影できる絶景スポットとなっております。

 一面に広がる黄色いゆりの絨毯でございますが、「黄色い絨毯」と申しましても、菜の花のようなどこかほんわかとした色合いではなく、光の差し込み具合にもよりますが、どちらかと申しますとコントラストの強い黄色でございますので、写真映えすること間違いなしの風景を楽しむことができるかと思われます。

SIGMA sdQuattroH iso125 F9 1/80sec 33mm

 

色とりどりのゆりの花 一面に広がる圧倒的ボリューム感 可睡ゆりの園 見頃時期

SIGMA SD1Merrill iso100 F9 1/60sec 80mm

 回遊式の庭園となっております可睡ゆりの園では、園内に入場いたしますと、大きな池を中心にして園内を回って行く形でゆりの花を観賞してゆく事となります。

 直ぐ花の近くまで近づくことができます場所もございますし、その一方で遊歩道から遠巻きに見渡すような場所もございまして、様々な視点でゆりの花を楽しむことができるようになっております。

 また、150品種以上の豊富な種類のユリが育てられ、南側斜面の黄色いユリだけでなく、色とりどり、様々な大きさの見事なゆりの花を楽しむことができるようになっております。

 北側の斜面では、5色のゆりの花を帯状に植えたエリアもございまして、カラフルなゆりの花と、華やかなゆりの香りを楽しむことができるようになっております。

 語弊を恐れずに申しますと、「ゆり園」ではなく「ゆりの園」。スケール感もそうでございますが、色とりどりの華やかさは、正しくその言葉通りの「園(その)」。

 よく桃の花などが広がる光景を「桃源郷」などと表現する事もございますが、どこかしら「桃源郷」に通ずるところがございますかと感じられますのは筆者だけでしょうか。見渡す限りゆりの花で覆いつくされた異世界の光景は、一度目にしますと忘れられない景色となるものかと思われます。

 可睡ゆりの園のユリの見頃の時期としましては、品種によりまして見頃の時期は少しずつずれておりますが、例年6月上旬から中旬頃が見頃のピークとなる年が多いかと思われます。

 2024年の可睡ゆりの園の開園期間としましては、5月25日(土曜日)より7月7日(日曜日)までの開園期間となっており、朝9時より17時までの開門となっております。

 入園料につきましては、変動がございまして、開花ピーク時の6月1日(土曜日)から6月20日(木曜日)までは1,500円(開花状況により変更の可能性あり)、それ以外の開園期間につきましては、1,100円の入場料となっております。

 尚、可睡ゆりの園のユリの開花状況につきましては、可睡ゆりの園公式HP内の「お知らせ 最新情報」のコーナー、もしくは可睡ゆりの園のFacebookアカウントにて随時開花情報を発信してくれておりますので、気になれれます方はご確認の程お願い申し上げます。

SIGMA sdQuattroH iso160 F8 1/125sec 46mm

 

併せて楽しみたい可睡ゆりの園の紫陽花

SIGMA sdQuattroH iso160 F8 1/80sec 63mm

 圧倒的なゆりの世界を楽しむことができます可睡ゆりの園でございますが、2022年から池の東側の広場とすり鉢状に周りを囲む斜面に紫陽花が植えられ、「アジサイエリア」としまして新たな名物となっており、併せて楽しみたいところかと思われます。

 可睡ゆりの園のアジサイエリアでは、1万株以上とも言われます紫陽花が植栽されており、ゆりの花が見頃の時期と前後しまして見頃を迎え、しっとりとした彩りも楽しむことができるようになっております。

SIGMA sdQuattroH iso160 F8 1/50sec 28mm

 

可睡ゆりの園 アクセスと駐車場

SIGMA sdQuattroH iso160 F8 1/160sec 46mm

 可睡ゆりの園へのアクセスにつきましては、公共交通機関では、JR東海道線袋井駅より(袋井市立病院経由)遠州森町行き秋葉バスサービスにて約12分、「可睡斎入口」バス停下車、徒歩5分ほどとなっております。

 静岡県袋井市久能2990-1付近

 自家用車にてのアクセスにつきましては、東名高速袋井インターより約3.5㎞、車で5分ほどとなり、例年、開園期間中は臨時有料駐車場(普通車500円)が付近に複数設置されます。

SIGMA sdQuattroH iso100 F6.3 1/60sec 125mm

 

終わりに

 今回のカタスミ日記は、可睡ゆりの園のゆりの花に囲まれた風景をご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。

 ゆりの花と申しますと、ヤマユリやスカシユリ、テッポウユリなど古来よりの野生種を思い浮かべてしまいますが、ゆりの花は様々な品種改良を重ね、色々な色、大きさ、形のものが多岐に渡って存在しております。野生種を交雑させた園芸種でございますハイブリットなども可睡ゆりの園ではたくさん観賞することもできるようになっておりますので、飽きることなくユリの花を観賞することができますかと思われます。

2024.05.12記

昨日よりも今日の自分を好きになる【スキンケアブランドLaeisis(ラエイシス)】