【花だより】2023年12月12日現在 アイスチューリップの開花状況 花と緑のふれあいセンター「花菜ガーデン」 アクセスと駐車場 神奈川県平塚市

 季節の花の開花状況や紅葉の色づき見頃状況をタイムリーにお届けする「花だより」のコーナー。今回のカタスミ日記は、2023年12月12日に撮影いたしました花菜ガーデンのアイスチューリップの開花状況をお届けいたします。

 

花と緑のふれあいセンター「花菜ガーデン」 アイスチューリップの開花状況

SIGMA sdQuattro iso160 F8 1/160sec 31mm

 神奈川県平塚市に位置しております花と緑のふれあいセンター「花菜ガーデン」は、「フラワーゾーン」、「アグリゾーン」、「めぐみの研究棟ゾーン」の3つのエリアから成る複合施設で、農業体験や園芸の知識を学ぶことができますほか、四季折々の花木も楽しむことができる施設となっております。

 園内のバラ園は有名で、オールドローズからモダンローズまで約1,300品種2,300株を楽しむことができ、関東有数の品種数を誇るバラ園となっております。

 そのような花菜ガーデンではございますが、2014年(平成27年)よりクリスマスシーズンに合わせ、アイスチューリップを植え付けし、冬咲きのチューリップも楽しむことができるようになっております。

 花菜ガーデンのアイスチューリップの見頃の時期としましては、例年12月上旬から12月20日頃が見頃の時期となっており、2023年につきましては18品種7,000球のアイスチューリップを楽しむことができるようになっております。

 アイスチューリップとは、根だし後に球根を一度冷蔵管理し、自然の温度に戻した際に「春」と勘違いをさせて、冬に開花をさせるチューリップのことで、春チューリップに比べまして花持ちが良く開花期間が長くなる特徴がございます。

 今回のカタスミ日記は、2023年12月12日に花菜ガーデンを訪れてみましたので、写真を交えながら、アイスチューリップの開花状況をお届けしてまいりたいと思います。

SIGMA sdQuattro iso200 F5 1/50sec 24mm

 園内に入場し、きらめきモールでは、リースが飾られていたり、クリスマスの雰囲気を盛り上げてくれております。

SIGMA sdQuattro iso160 F5.6 1/250sec 29mm

 アイスチューリップの植えられております「チャベックの家と庭(休憩所)」の裏手もクリスマス装飾で季節を感じさせてくれます。

SIGMA sdQuattro iso160 F8 1/125sec 18mm

 雨が上がるのを待っての撮影でございますが、生憎の曇天で締まりのない写真になってしまっておりますが、広角で撮影いたしますとこの様に区切られた花壇にチューリップが植えられております。

SIGMA sdQuattro iso160 F8 1/80sec 28mm

 雨上がりの曇天の午前中という事で、チューリップの花が開いておらず残念な状況となってしまっておりますが、殆どの花は既に色づいており、日が差してきますと花が開き、見頃の状態になろうかと思われます。

SIGMA sdQuattro iso160 F8 1/80sec 43mm

 チャベックの家が可愛らしいので、どうしても家を入れて写真を撮りたくなってしまいますが、家を構図に入れないアングルでは意外とボリューミーな撮影も可能でございますので、いろいろな角度からチューリップの花を楽しんでいただきたいところかと思われます。

SIGMA sdQuattro iso160 F7.1 1/100sec 46mm

 さて、アイスチューリップを楽しみました後は、バラ園にも足を運んでみます。

 秋バラにつきましては、見頃のピークは過ぎ、現在は名残のバラの様相となってしまっておりますが、折角の雨上がりでございますので、雫を求めて散策をしてまいります。

SIGMA sdQuattro iso160 F7.1 1/250sec 50mm

 しっとりと咲く「希望」。

SIGMA sdQuattro iso160 F7.1 1/320sec 50mm

 レモン色の「マベラ」。

SIGMA sdQuattro iso160 F5.6 1/160sec 50mm

 俯き加減の「ノックアウト」。

SIGMA sdQuattro iso160 F5.6 1/400sec 50mm

 上品な色合いの「しののめ」。

 秋バラにつきましては、綺麗な状態の花が少なくなってきておりますので、気になられます方はお急ぎになられました方が宜しいかと思われます。

SIGMA sdQuattro iso200 F3.5 1/800sec 31mm

 2023年12月12日現在の花菜ガーデンのアイスチューリップの開花状況としましては、雨、あるいは曇天により花が閉じてしまっておりますものの、全体の7分、あるいは8分程度は鮮やかな色が付いておりますので、晴れのお天気になりますと見頃の状況になろうかと思われます。

 

花と緑のふれあいセンター「花菜ガーデン」 アクセスと駐車場

SIGMA sdQuattro iso160 F6.3 1/125sec 43mm

 花と緑のふれあいセンター「花菜ガーデン」へのアクセスにつきましては、公共交通機関では、JR東海道本線平塚駅北口8番バス乗り場より秦野駅行き神奈川中央交通バス(神奈中バス)にて約20分、「平塚支援学校前」バス停下車、徒歩5分ほどとなっております。

 神奈川県平塚市寺田縄496-1付近

 自家用車にてのアクセスにつきましては、小田原厚木道路平塚インターより約1.3㎞、車で数分となっております。

 駐車場料金は1回500円となっておりますが、年間パスポートをご利用の際は無料となっております。

 開園時間、入場料は共に季節変動がございますので、今回はアイスチューリップの観られます12月をご参考まで記載しておきたいと思います。

 12月開園時間は朝9時より16時までとなっており、水曜日が休園日となっております(祝日の場合は翌日)。

 12月入場料につきましては、大人550円、年間パスポートは1年間有効で2,400円となっております。

 今回のカタスミ日記は、2023年12月12日現在の花菜ガーデンのアイスチューリップの開花状況をお届けいたしましたが、いかがでしたでしょうか。

 園内各所にクリスマスデコレーションが施されておりますので、季節を感じながら散策を楽しんでいただけるかと思われます。

2023.12.12記

食べるゼリーで美の栄養補給【ディア─ミズ】