色とりどり梅の花 2022年いなべ市農業公園梅林の見頃時期とアクセス、駐車場 三重県いなべ市

 いなべ市農業公園の満開の梅の花の「春らしい風景」。色とりどりの梅の花が咲き乱れ、桃源郷のような風景が広がります。今回のカタスミ日記は、三重県内でも人気の観梅スポット、いなべ市農業公園の梅林の風景をご紹介いたします。

 

春の訪れを告げる絶景 いなべ市農業公園の梅林

いなべ市農業公園ってどんなところ?

SIGMA sdQuattro iso100 F6.3 1/100sec 31mm

 三重県の梅の名所の中でも一二を争う人気スポットとなりますいなべ市農業公園。

 いなべ市農業公園は、高齢化に伴う荒廃農地の活用のため、また都市農村交流拠点として整備された農業公園となっております。

 公園のエリアは二つに分かれており、エコ福祉広場エリアには、四季折々の花を楽しむことができる花広場、ボタン園やパークゴルフ場、地元野菜の農業レストラン「フラール」などを整備し、梅林公園エリアには、広大な梅林が整備されております。

 特に、東海エリア最大級と言われております梅まつりとぼたんまつりの時期には、多くの観光客で大変賑わう人気のスポットとなっております。

SIGMA sdQuattro iso100 F5.6 1/160sec 96mm

 

いなべ市農業公園梅林 見頃時期と梅まつり

SIGMA sdQuattro iso100 F7.1 1/160sec 63mm

 38haの広さを誇る梅林公園では、100種類4,500本ほどの梅が育てられ、毎年春を迎えますと色とりどりの梅の花が咲き乱れ、春らしい風景を楽しむことができるようになっております。

 特に、園内の高台に設置されております展望台からの眺望は素晴らしく、カラフルな梅の花が春の訪れを感じさせてくれるものとなっております。

 梅林公園の見頃の時期としましては、例年2月下旬頃から3月中旬頃が見頃の時期となり、見頃の時期に合わせまして、梅まつりも開催されております。

 梅まつりでは、うまいもん市、猿まわしや大道芸などの各種イベントが実施され、朝8時から夕方16時までが開門時間となっております。梅まつり期間中の入場料としましては、大人1名500円となっております。

 2022年の梅まつりにつきましては、現時点では日程が公表されておりませんので、今後のコロナウイルス感染拡大状況次第では2021年同様、梅まつりの中止の可能性もございますので、お出掛けになられます場合にはお出掛け前に関連施設のHPなどで最新情報のご確認をお願いいたします。

SIGMA sdQuattro iso100 F5.6 1/160sec 96mm

 

いなべ市農業公園 アクセスと駐車場

SIGMA sdQuattro iso100 F6.3 1/200sec 200mm

 いなべ市農業公園へのアクセスにつきましては、公共交通機関では、三岐鉄道北勢線阿下喜駅よりタクシーで20分ほどとなっております。

 三重県いなべ市藤原町鼎717付近

 自家用車にてのアクセスにつきましては、名神高速関ヶ原インターより約20㎞、車で40分ほどとなっております。

 無料の大駐車場を完備しておりますが、例年梅まつり期間中につきましては、特に週末などは周辺道路が渋滞してしまうこともございますので、充分ご注意の程お願い申し上げます。

SIGMA sdQuattro iso100 F6.3 1/125sec 51mm

 

終わりに

 今回のカタスミ日記は、いなべ市農業公園の梅林の春らしいカラフルな風景をご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。

 公園の展望台からの眺望は「絶景」という言葉が似合う素晴らしい眺望となりますが、西側に向かって見晴らしますので、午後からは逆光となってしまいますので、撮影目的で訪れます場合には、午前中の方が宜しいかと思われます。

 まだまだコロナウイルス感染拡大状況は予断の許さぬ状況が続いておりますが、密を避け、人との距離を保ちながら、周りを意識しながら、観光を楽しんでいただきたいところかと思われます。

2022.01.14記