【花だより】2021年10月2日現在 サルビアの開花状況 大宮花の丘農林公苑の赤い絨毯 アクセスと駐車場 埼玉県さいたま市

 季節の花の開花状況をタイムリーにお届けする「花だより」のコーナー。今回のカタスミ日記は、色鮮やかに真っ赤な絨毯が一面に広がっております大宮花の丘農林公苑のサルビアを2021年10月2日に撮影しました開花状況をお届けいたします。

 

大宮花の丘農林公苑 サルビアの開花状況

SIGMA DP1X iso100 F8 1/200sec 16.6mm

 大宮花の丘農林公苑は、四季折々の季節の花を楽しむことができる公園で、夏から秋にかけましては真っ赤なサルビアの花が一面に広がる絶景公園となっております。

 大宮花の丘農林公苑は、さいたま市と上尾市に跨る約10.9haの広大な敷地の公園で、旧大宮市の市制施行50周年を記念して1990年(平成2年)に開苑した公園となっております。

 約33,000株とも言われておりますサルビアは、園内の大半を占めるお花畑に咲き誇り、一面に真っ赤な絨毯が広がっております。

SIGMA DP2 iso100 F8 1/200sec 24.2mm

 鉢を利用して造られたオブジェでしょうか。真っ赤なサルビアを前に可愛らしい雰囲気を醸し出しております。

SIGMA DP1X iso100 F8 1/250sec 16.6mm

 サルビアの花は花期が長く、夏から秋にかけて楽しむことができますが、10月2日現在、花が若干色褪せてきておりますので、そろそろ見頃終盤に差し掛かってきている状況かと思われます。

SIGMA DP1X iso100 F8 1/200sec 16.6mm

 良く晴れた秋晴れのお天気で、青空と真っ赤なサルビアと周りの緑の木々のコントラストが美しい公園となっております。

SIGMA DP1X iso100 F8 1/200sec 16.6mm

 サルビアのお花畑を散策し、公園のほぼ中央に位置しております「花の丘」に向かいます。

 「花の丘」への小径の両側にはコキアが植栽されております。

SIGMA DP2 iso100 F8 1/200sec 24.2mm

 まだ本格的な紅葉には至ってはおりませんが、ほんのり赤く色づき始めてきております。

SIGMA DP2 iso100 F8 1/200sec 24.2mm

 「花の丘」の東屋から園内を見渡します。雲一つない快晴で、気持ちの良い散策を楽しむことができました。

SIGMA DP1X iso100 F8 1/250sec 16.6mm

 園内中央付近の細長い池と赤いサルビア。

 まるで日本でないかのような風景が広がります。

SIGMA DP1X iso100 F8 1/250sec 16.6mm

 「花の丘」付近のサルビア畑の傍には、コスモスが咲き始めてきております。

SIGMA DP2 iso100 F8 1/320sec 24.2mm

 コスモスは「花の丘」付近のほかに、サルビア畑の南側(じゃぶじゃぶ池や大型遊具の近く)にも植えられております。

 咲き始めてきてはおりますが、まだ満開には至ってはいない状況かと思われます。

SIGMA DP2 iso100 F8 1/250sec 24.2mm

 大宮花の丘農林公苑の10月2日現在の開花状況としましては、サルビアは若干色褪せてきておりますので見頃終盤、コキアは色づき始め、コスモスは咲き始めの開花状況となっております。

 

大宮花の丘農林公苑 アクセスと駐車場

SIGMA DP2 iso100 F8 1/250sec 24.2mm

 大宮花の丘農林公苑へのアクセスにつきましては、公共交通機関では、JR高崎線上尾駅西口より市内循環バス「ぐるっとくん大谷循環」にて約25分、「花の丘公苑」バス停下車、すぐとなっております。

 埼玉県さいたま市西区大字西新井124付近

 自家用車にてのアクセスにつきましては、首都高埼玉新都心線新都心西インターより約8㎞、車で20分ほどとなっており、国道17号バイパス(上尾道路)からのアクセスが容易かと思われます。

 また250台駐車可能な無料駐車場も完備しており、公園への入園料も無料となっております(緑のふるさとセンター研修室などの一部施設利用については有料)。

 開苑時間は、朝7時30分より19時までとなっております(冬季は8時から18時まで)。

 広くて散策の楽しい公園となりますが、衛生管理上の観点から、ペット類の入場は禁止となっておりますので、ご注意の程お願い申し上げます(但し、盲導犬・介助犬除く)。

 今回のカタスミ日記は、サルビアが見頃終盤となっております大宮花の丘農林公苑の10月2日現在の開花状況を撮影したものをお届けいたしましたが、いかがでしたでしょうか。

 まだまだコロナウイルス感染拡大状況は予断の許さぬ状況が続いておりますが、密を避け、人との距離を保ちながら、周りを意識しながら、観光を楽しんでいただきたいところかと思われます。

2021.10.04記