早春に咲き誇るピンクの可憐な桜「みなみの桜と菜の花まつり」 南伊豆 青野川沿いの河津桜 見頃時期とアクセス、駐車場 静岡県南伊豆町

 2月を迎えますと一足早い春を感じさせてくれます河津桜が咲き始めてまいります。河津桜は今や全国各地で楽しむことができるよになってきておりますが、もともとは伊豆半島南部の河津町の発祥の早咲きの桜で、ピンクの可憐な花が春らしさを感じさせてくれます。今回のカタスミ日記は、河津町と並びまして伊豆半島の河津桜の名所、南伊豆町の青野川沿いの河津桜の風景をご紹介いたします。

 

河津桜は河津町だけじゃない!南伊豆町の河津桜

河津桜ってどんな桜?

SIGMA sdQuattro iso100 F5.6 1/100sec 18mm

 早咲きの桜としまして、今や全国的な知名度を誇る桜となりました河津桜。

 河津桜は、大島桜と寒緋桜の自然交雑種と言われ、ソメイヨシノなどより一足早い2月中旬頃から3月初旬頃にピンクの可憐な花を咲かせる桜となっております。

 見頃は比較的長く続きますが、大島桜を祖先とします事からか、葉が出てくる時期が早く、満開の頃から緑の葉が少しずつ見え始めますが、すぐには花は散らず、お花見後半の時期になりますと、ピンクの花と新緑の緑の葉のコントラストも楽しむことができる桜となっております。

 伊豆半島南部の河津町の発祥の早咲きの桜で、現在も河津町に原木があり、毎年ピンクの可愛らしい花を咲かせております。

 その河津町から下田市を挟みまして、同じ伊豆半島南部の南伊豆町にも河津桜の名所があり、青野川沿いの約4.2㎞の両岸には800本の河津桜の桜並木が続き、河津町と共に伊豆半島の河津桜の二大スポットとなっております。

SIGMA sdQuattro iso100 F6.3 1/60sec 200mm

 

2022年「みなみの桜と菜の花まつり」

SIGMA sdQuattroH iso100 F5.6 1/500sec 74mm

 南伊豆町青野川沿いの河津桜の桜が見頃を迎える頃には、例年、桜まつりが開催されており、2022年は、24回目となります「みなみの桜と菜の花まつり」の開催が予定されております。

 青野川沿いの河津桜の並木とともに、同じ時期に日野地区の休耕田を利用した3haほどの菜の花畑に黄色い花が一面に広がるようになり、南伊豆町の河津桜のお祭りは、菜の花祭りとセットとなっております。

 2022年の開催期間につきましては、2月1日(火曜日)より3月10日(木曜日)までとなっており、「菜の花結婚式」や「みちくさ夜桜マラソンin南伊豆」などイベントも開催される予定となっております。

 ※コロナウイルス感染拡大状況によりましては、イベントの開催時期・時間などに変更がある場合もございます。お出掛け前に関連施設のHPなどで最新状況をご確認の上、お出掛けの程お願い申し上げます。

2022年1月7日現在 最新開花状況(別ページへリンク)

SIGMA sdQuattroH iso200 F4 1/400sec 105mm

 

混雑を避けて夜桜ライトアップを楽しもう!

SIGMA SD15 iso100 F8 20sec 24mm

 伊豆半島は、首都圏からも日帰り圏内の人気のレジャースポットとなっており、南伊豆町が伊豆半島最南端部に位置しておりましても、河津桜のお花見の時期になりますと特に週末などは混雑が予想されますが、混雑を避けたい方には、泊りがけでお花見を楽しむことがお勧めとなろうかと思われます。

 混雑を避けて、早朝、あるいは夕方からのんびりとお花見散策を楽しみ、昼間の混み合う時間帯につきましては、周辺エリアを観光する楽しみ方もあろうかとも思われます。

 混雑を避けるお花見で特にお勧めとなりますのは、夜桜ライトアップ。

 昼間とは異なる艶やかな雰囲気のお花見を楽しむことができるようになっております。

 まつり期間中は18時より21時までライトアップが実施され、青野川に架かります前原橋から九条橋の間の区間のライトアップが予定されております。

 お花見はしたいけど混雑は避けたい、という方はライトアップ狙いで訪れてみてはいかがでしょうか。

SIGMA SD15 iso100 F8 25sec 48mm

 

のんびりウォーキング ゆっくり楽しみたいお花見散策

SIGMA sdQuattroH iso100 F4 1/500sec 74mm

 本場、河津町の河津桜のお花見の異常なほどの混雑と比べますと、南伊豆町の河津桜のお花見は混雑は若干少ないものの、見頃の時期にはやはり例年混雑する状況となっております。

 桜まつりの会場の中心となります道の駅下賀茂温泉湯の花周辺では混雑は必至ではございますが、比較的混雑が少ないところでは、道の駅の対岸の川沿いになろうかと思われます。

 道の駅側の岸は、河原が広く、河原にも降りられます事や、駐車場の設置が道の駅側となっておりますので、どうしても混雑してしまう事が予想されます。

 基本的には、桜まつりの会場の中心となります道の駅から離れれば離れるほど混雑は少なくなりますので、ゆっくり気兼ねなくお花見したい方につきましては、道の駅よりなるべく遠くまで歩いていくことをお勧めしたいと思われます。

 桜並木は長く続いておりますので、まつりの中心から離れれば離れるほど混雑を避けられるものかと思われます。

SIGMA sdQuattroH iso100 F8 1/80sec 105mm

 

南伊豆町青野川河津桜 アクセスと駐車場

SIGMA sdQuattroH iso100 F5.6 1/500sec 24mm

 南伊豆町青野川沿いの河津桜のアクセスにつきましては、公共交通機関では、伊豆急下田駅より下賀茂行きバスにて「九条橋」バス停下車、徒歩数分となっております。尚、菜の花畑につきましては、「日野(ひんの)」バス停下車すぐとなっております。

 静岡県賀茂郡南伊豆町下賀茂157-1付近

 自家用車にてのアクセスにつきましては、東名高速沼津インターより国道414号線経由で2時間ほどとなっております。

 桜まつり期間中につきましては、朝9時より16時までは、前原橋から弓ヶ浜大橋河川管理道路は車両進入禁止の交通規制が行われますので、ご注意の程お願い申し上げます。

 駐車場につきましては、桜まつり期間中は、普通車500円、自動二輪200円となり、道の駅下賀茂温泉湯の花の駐車場につきましても同額の協力金が必要となっておりますので、ご注意の程お願い申し上げます。

 駐車場としましては、例年主に三ヵ所設置されます。

 出会橋付近駐車場 : 静岡県賀茂郡南伊豆町湊1437-3付近

 道の駅下賀茂温泉湯の花 : 静岡県賀茂郡南伊豆町下賀茂157-1付近

 下賀茂交差点付近駐車場 : 静岡県賀茂郡南伊豆町下賀茂168-1付近

2022年1月7日現在 最新開花状況(別ページへリンク)

SIGMA sdQuattroH iso100 F4 1/800sec 28mm

 

終わりに

 今回のカタスミ日記は、南伊豆町の青野川沿いの河津桜の風景をご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。

 南伊豆町の河津桜は、河津町ほどではないにしろ見頃の時期には混雑が予想されますので、平日に訪れる、あるいは夕方や夜桜の時間帯に訪れるなど、訪れる際には時間帯などご検討の余地はあろうかとも思われます。

 尚、今回掲載しております写真につきましては、ほとんどが見頃の少し前の時期、7分咲き前後のタイミングで撮影したものとなります。

 モリモリとボリューム感のある満開の写真とはなっておらず、少々痩せた感じの桜となっておりますが、見頃より少し早い時期でもお花見は充分楽しむことができるものとも思われます。

 まだまだコロナウイルス感染拡大状況は予断の許さぬ状況が続いておりますが、密を避け、人との距離を保ちながら、周りを意識しながら、観光を楽しんでいただきたいところかと思われます。

2021.12.08記