2022年「寄ロウバイまつり」里山を彩る蠟梅の甘い香り 寄ロウバイ園 見頃時期とアクセス、駐車場 神奈川県松田町

 寒さも厳しい季節となってまいりましたが、厳しい寒さの中、ロウバイの花が咲き始めてまいります。今回のカタスミ日記は、2万本以上のロウバイが植栽されております日本最大級のロウバイ園、寄ロウバイ園の美しい里山の風景をご紹介いたします。

 

寄ロウバイ園ってどんなところ?

SIGMA SD15 iso100 F5 1/2000sec 70mm

 飴細工のような繊細な花。日光が当たりますと向こう側が透ける半透明の花弁のロウバイの花。

 飴細工ではなく、よく蝋細工のような花と例えられますことの方が多いかとも思われますが。

 もともとは中国原産の花で、特徴的な甘い香りがあり、見頃の時期を迎えますと辺りを甘い香りに包み込み、香りが目的でロウバイ散策を楽しむ方もいらっしゃるかと思われます。

 そのようなロウバイの花ではございますが、山間の美しい里山風景を楽しむことができます松田町の寄(やどりき)地区では、2万本を超えるロウバイの花が山の斜面に咲き誇り、斜面を金色に染める風景を楽しむことができるようになっております。

 現在では13,000㎡以上とも言われます敷地の寄ロウバイ園でございますが、もともとは標高380m付近の荒廃農地を整備し、2005年(平成17年)に寄中学校卒業生が250株のロウバイを植樹したのが始まりと言われております。

 普段は静かな山間の里山の地域となりますが、ロウバイの見頃の時期には多くの方が訪れ賑わう関東有数のロウバイの名所となっております。

SIGMA SD15 iso100 F8 1/100sec 39mm

 

寄ロウバイ園 ロウバイの見頃時期と「寄ロウバイまつり」

SIGMA SD15 iso100 F5 1/320sec 70mm

 2万本以上のロウバイを楽しむことのできます寄ロウバイ園でございますが、見頃の時期としましては、例年1月中旬から2月中旬頃が見頃の時期となっております。

 ロウバイの見頃の時期に合わせまして、「寄ロウバイまつり」が開催され、地元農産物や加工品、お土産物屋さんの出店などが行われます。

 2022年の寄ロウバイまつりの開催期間としましては、1月15日(土曜日)~2月6日(日曜日)までが予定されており、開園時間は朝9時より16時までとなっております。

 入園料は1回500円となっており、またコロナウイルス対策としまして、受付で検温、マスクの着用要請、混雑状況に応じて入場制限を行うこととなっております。

2022年1月21日現在 最新開花状況(別ページへリンク)

SIGMA SD15 iso100 F5 1/1600sec 70mm

 

寄ロウバイ園 アクセスと駐車場

SIGMA SD15 iso100 F5.6 1/800sec 70mm

 寄ロウバイ園へのアクセスにつきましては、公共交通機関では、小田急小田原線新松田駅北口より「寄」行き富士急湘南バスにて約30分、終点「寄」バス停下車、徒歩8分ほどとなっております。

 神奈川県足柄上郡松田町寄3415付近

 自家用車にてのアクセスにつきましては、東名高速大井松田インターより約10㎞、車で20分ほどとなっております。

 駐車場につきましては、まつり期間中は上記住所向かいの「みやま運動広場」に臨時無料駐車場が設置されます。

 尚、駐車場もしくはバス停よりロウバイ園までは急勾配の坂道となっており、坂を上ってゆくのが辛い方は、バス停前からロウバイ園入口まで無料送迎車が運行いたしますので、ご利用されても宜しいかと思われます。

2022年1月21日現在 最新開花状況(別ページへリンク)

SIGMA SD15 iso100 F5 1/320sec 48mm

 

終わりに

 今回のカタスミ日記は、山間の里山、松田町の寄地区にある寄ロウバイ園のロウバイが咲く風景をご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。

 まだまだコロナウイルス感染拡大状況は予断の許さぬ状況が続いておりますが、密を避け、人との距離を保ちながら、周りを意識しながら、観光を楽しんでいただきたいところかと思われます。

2022.01.16記