2022年 新緑の見頃時期 大淵笹場の富士山と茶畑の絶景 アクセスと駐車場 静岡県富士市

 「夏も近づく八十八夜」の茶摘みの歌に象徴されますように5月上旬には茶摘みの季節を迎えます。茶摘みの時期が近づいてまいりますと青々とした新緑が美しい茶畑が各地で見られ、季節の移ろいを感じられる方も多いかと思われます。今回のカタスミ日記は、日本を代表するお茶の産地、静岡県、その静岡県の茶畑の代表的な美しい風景が広がる大淵笹場の新緑の風景をご紹介いたします。

 

大淵笹場ってどんなところ?

SIGMA sdQuattroH iso100 F9 1/60sec 36mm

 「夏も近づく八十八夜」のフレーズが印象的な茶摘みの歌でございますが、お茶所静岡県では、例年5月初旬頃から初夏の風物詩とも言えます茶摘みが始まる季節となってまいります。

 茶摘みの歌の「八十八夜」とは、立春から数えて88日目の5月2日、多少の前後はございますが初夏の季節を歌っているものとなっております。

 一番茶の茶摘みの季節と前後しまして、茶畑のお茶の木は新緑が美しく、特に茶畑の広がる地域では一面の緑が鮮やかに色づく季節となってまいります。

 お茶所静岡県の中でも有数の景観美を誇ります茶畑が、富士山の麓、富士市にございます。

 大淵笹場の茶畑では、近代的な構造物や電線に遮られることなく富士山を背景に茶畑が広がるスポットとしまして、写真愛好家を中心に人気の撮影スポットにもなっております。

 大淵笹場の茶畑の新緑の見頃の時期としましては、例年4月中旬から5月上旬頃が見頃の時期となっており、新緑特有の鮮やかな色合いを楽しむことができるようになっております。

SIGMA sdQuattroH iso100 F9 1/50sec 41mm

 

大淵笹場の見どころご紹介

遮るものがない茶畑と富士山

SIGMA sdQuattroH iso100 F9 1/30sec 18mm

 やはり大淵笹場の茶畑の魅力は、何と言いましても富士山を背景に広がる茶畑。

 電線などがなく、近代的な構造物が写り込まない構図で撮影できる事から、写真愛好家の間でも人気の撮影スポットとなっております。

 特に、新緑の色鮮やかな茶畑が広がる季節と富士山の残雪が見られる季節には写真愛好家だけでなく多くの観光客で賑わうスポットにもなっております。

SIGMA sdQuattroH iso100 F9 1/50sec 18mm

 

丘陵地の美しい茶畑の流れ

SIGMA sdQuattroH iso100 F9 1/50sec 125mm

 大淵笹場の魅力は、遮るものがない富士山と茶畑の構図だけではございません。

 丘陵地にある茶畑は、緩やかな流れのような美しい茶畑の配列も美的感受性をくすぐるものではないでしょうか。

 富士山が見える良く晴れた日に訪れますことがお勧めのスポットとはなりますが、たとえ富士山が見えなくとも、美しい茶畑に癒されること間違いなしかと思われます。

SIGMA sdQuattroH iso100 F9 1/50sec 18mm

 

富士山と反対側には青い駿河湾も

SIGMA sdQuattroH iso100 F9 1/50sec 20mm

 大淵笹場の撮影スポットとしましては、丘陵地に広がる茶畑を見上げるようなポイントとなろうかと思われますが、丘を上ってゆきますと、富士山とは反対側に遠く駿河湾も望むことができるようになっております。

 富士山にばかり注目が集まってしまい、あまり注目される事はございませんが、茶畑の遠くに見える海も美しい風景となっておりますので、丘まで上った際には振り返って広がる景色を楽しんでいただきたいところかと思われます。

 

丘の上に広がるごく普通の茶畑

SIGMA sdQuattroH iso100 F9 1/50sec 18mm

 大淵笹場の茶畑は、電線など近代的な構造物がない美しい景観を楽しむことができますスポットとして人気の観光地となっておりますが、丘の上まで上ってゆきますと、そこには、「どこにでもありそうな静岡の茶畑」の風景が広がります。

 農家の建物があったり、電線や風車があったり、生活感のある風景となり、「普通な感じの茶畑の風景」となってはしまいますが、実は、筆者は大淵笹場はこちらの風景の方が好みであったりもします。

 美的感覚とは別の次元となってしまうところかとも思われますが、人間の営みの温かみのあるのどかな風景となっておりますので、周辺ののんびりとした風景の中の散策も併せて楽しんでいただきたいところかと思われます。

SIGMA sdQuattroH iso100 F9 1/40sec 41mm

 

大淵笹場 アクセスと駐車場

SIGMA sdQuattroH iso100 F9 1/80sec 97mm

 大淵笹場へのアクセスにつきましては、公共交通機関では、JR東海道本線富士駅よりバスにて約30分、「曽比奈下」バス停下車、バス停より約1.2㎞、徒歩にて15分ほどとなっております。

 静岡県富士市大淵1516付近

 自家用車にてのアクセスにつきましては、新東名新富士インターより約6.5㎞、車で10分ほどとなっております。

 観光用の無料の駐車場が2ヵ所設置されており、上記住所は第2駐車場付近の住所となり、現地の案内表示に従って300mほど進みますと第1駐車場となっております。

 第1駐車場は普通車25台となっておりますが、アクセス道は狭い農道となっておりますので、車の運転には充分ご注意の程お願い申し上げます。第2駐車場につきましては、普通車2台、大型車2台分のスペースとなっております。

SIGMA sdQuattroH iso100 F9 1/30sec 36mm

 

終わりに

 今回のカタスミ日記は、鮮やかな新緑の緑が眩しい茶畑と富士山の絶景を楽しむことができます富士市の大淵笹場の風景をご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。

 まだまだコロナウイルス感染拡大状況は予断の許さぬ状況が続いておりますが、密を避け、人との距離を保ちながら、周りを意識しながら、観光を楽しんでいただきたいところかと思われます。

2022.04.23記