2022年「みさと梅まつり」箕郷梅林 関東平野を望む榛名山南麓に広がる丘陵地に咲き誇る10万本の梅 見頃時期とアクセス、駐車場 群馬県高崎市

 東日本有数の梅の産地、群馬県。「群馬三大梅林」のひとつにも数えられております箕郷梅林は、榛名山南麓の丘陵地に広がる梅林となっております。関東平野を望む眺望の良さもあり、梅の花の咲く頃になりますと観梅を楽しむ人で賑わう人気のスポットとなっております。今回のカタスミ日記は、箕郷梅林の春の風景をご紹介いたします。

 

丘陵地に広がる梅林の春の絶景 箕郷梅林

「群馬三大梅林」のひとつに数えられている箕郷梅林

SIGMA SD15 iso100 F10 1/80sec 200mm

 みなさん、ご存知でしょうか。群馬県は、梅の生産量全国第2位の県となっております。

 全国2位ということに意外に思われる方も多いかと思われますが、群馬県内では梅の栽培が盛んで、県内には「群馬三大梅林」と呼ばれる梅林もあり、梅の花の咲く季節になりますと、群馬県内は観梅を楽しむ人で大変賑わいます。

 「群馬三大梅林」とは、安中市の秋間梅林、高崎市の榛名梅林、そして今回ご紹介いたします同じく高崎市の箕郷梅林となっております。

 箕郷梅林は、榛名山南麓に広がる丘陵地に300haとも言われます広大なエリアで、約10万本の梅が栽培されている梅林となっております。

 余談となってしまいますが、そのような梅の栽培が盛んな地域ではございますが、梅の栽培全国1位の和歌山県と2位の群馬県の生産量につきましては、一桁違う程の差が認められますことも事実で、いかに和歌山県が梅の栽培が盛んかということを改めて認識した次第でございました。

SIGMA SD15 iso100 F8 1/200sec 21mm

 

箕郷梅林 見頃時期と「みさと梅まつり」

SIGMA SD15 iso100 F7.1 1/320sec 96mm

 約10万本の梅の栽培が行われております箕郷梅林でございますが、見頃の時期としましては、例年3月上旬から下旬頃にかけてが見頃の時期となっております。

 見頃の時期に合わせまして、「みさと梅まつり」が開催され、2022年の開催期間は、2月20日(日)より3月下旬頃までとなっており、梅まつりでは、梅加工品の販売や各種イベントの開催が予定されております。

 みさと梅まつり会場は、蟹沢会場(みさと梅公園)と善地会場(善地梅林広場)の2ヵ所に分かれておりますので、2か所の会場を楽しむのも良し、1か所に的を絞って楽しむも良し、目的に合わせまして時間配分等のご検討お願いい申し上げます。

 特に善地会場では、関東平野を一望する眺望の良さを楽しむことができるほか、約300本の河津桜もほぼ同時期に見頃を迎えますので、河津桜と梅の花の共演も楽しむことができるようになっております。

 ※コロナウイルス感染拡大防止の環境は刻々と変化してゆきます。お出掛けになられます際には、お出掛け前に関連施設のHPなどで最新情報をご確認の上、お出掛けして頂きますようお願い申し上げます。

SIGMA SD15 iso100 F6.3 1/160sec 154mm

 

箕郷梅林 アクセスと駐車場

SIGMA SD15 iso100 F8 1/100sec 70mm

 箕郷梅林へのアクセスにつきましては、公共交通機関では、JR高崎線高崎駅よりバスにて30分ほど、「箕郷営業所」バス停下車、そこよりタクシーで数分もしくは徒歩30分ほどとなっております。

 群馬県高崎市箕郷町善地

 自家用車にてのアクセスにつきましては、関越道前橋インターより約11㎞、車で30分ほどとなっております。

 蟹沢会場、善地会場ともに駐車場が設置され、梅まつり期間中につきましては駐車料金は普通車300円、自動二輪100円となっております。

 ナビ設定の際には、上記住所では上手く案内されない場合もございますので、以下住所をご参考に、現地にて道案内看板に従い向かっていただきますようお願い申し上げます。

 蟹沢会場

 群馬県高崎市箕郷町富岡852(長純寺)付近よりフルーツラインを西へ1㎞ほど

 善地会場

 群馬県高崎市箕郷町富岡852(長純寺)付近よりフルーツラインを北へ500mほど

SIGMA SD15 iso100 F7.1 1/100sec 200mm

 

終わりに

 今回のカタスミ日記は、「群馬三大梅林」のひとつにも数えられております箕郷梅林の春の風景をご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。

 榛名山や伊香保温泉エリアなどとも比較的近い場所に位置しておりますので、併せて楽しんでいただくこともお勧めとなっております。

 まだまだコロナウイルス感染拡大状況は予断の許さぬ状況が続いておりますが、密を避け、人との距離を保ちながら、周りを意識しながら、観光を楽しんでいただきたいところかと思われます。

2022.01.17記