【花だより】2023年5月17日現在 春バラの開花状況 生田緑地ばら苑 アクセスと駐車場 神奈川県川崎市

 季節の花の開花状況や紅葉の色づき見頃状況をタイムリーにお届けする「花だより」のコーナー。今回のカタスミ日記は、2023年5月17日に撮影いたしました生田緑地ばら苑の春バラの開花状況をお届けいたします。

 

生田緑地ばら苑 春バラの開花状況

SIGMA sdQuattroH iso100 F8 1/100sec 18mm

 神奈川県川崎市に位置しております生田緑地ばら苑は、多摩丘陵の雑木林に囲まれたバラ園で、かつては「東洋一のばら苑」と称されました小田急向ヶ丘遊園ばら苑を川崎市が引継ぎ、生田緑地ばら苑としまして、春と秋のバラが見頃を迎えます期間のみ一般公開されますバラ園となっております。

 生田緑地ばら苑では、春バラは約800種類、3,300株、秋バラは約625種類、2,900株のバラの花を楽しむことができ、たくさんの方が訪れます神奈川県内有数の人気のバラ園となっております。

 生田緑地ばら苑の春バラの見頃の時期としましては、例年5月上旬から下旬頃が見頃の時期となっており、2023年の春バラ開苑期間としましては、5月11日(木曜日)から5月28日(日曜日)までの開苑期間となっており、期間中は、ばら苑ガイドやばら苑コンサートなど各種イベントが実施される予定となっております。

 今回のカタスミ日記は、2023年5月17日に生田緑地ばら苑を訪れてみましたので、写真を交えながら、春バラの開花状況をお届けしてまいりたいと思います。

 結論から先に申し上げておきますと、2023年5月17日現在の生田緑地ばら苑の春バラの開花状況としましては、品種によりまして開花状況に差がございますものの、全体としましては見頃後半から終盤の開花状況になろうかと思われます。また、コロナ禍での開苑とは異なり、今年は大変多くの方で賑わっており、平日ではございましたが、正午頃には駐車場が満車となるほどの盛況ぶりでございました。

 冒頭の写真は、開門ダッシュで撮影いたしました一枚でございますが、風景としまして撮影できるのは開門ダッシュで精々数枚程度になろうかと思われます。開門から数分後にはたくさんの人で賑わいますので風景としての撮影は厳しく、花自体をマクロ的に撮影する場面の方が多くなろうかと思われます。

SIGMA sdQuattroH iso100 F6.3 1/125sec 28mm

 生田緑地ばら苑には、ロイヤルコーナーが設置され、王室や皇室にゆかりのございます品種のバラを楽しむことができるようになっております。

SIGMA sdQuattroH iso100 F10 1/125sec 28mm

 ロイヤルローズと申しますと、やはりピンクの大輪「クイーンエリザベス」は外せないところかと思われます。

SIGMA sdQuattroH iso100 F6.3 1/500sec 89mm

 「ダイアナ プリンセス オブ ウェールズ」も人気のロイヤルローズとなっております。

SIGMA sdQuattroH iso100 F6.3 1/320sec 125mm

 日本の皇室にゆかりのございますバラと申しますと「プリンセスミチコ」がまず思い浮かぶのではないでしょうか。

SIGMA sdQuattroH iso100 F7.1 1/400sec 200mm

 上品なピンクの花を咲かせます「プリンセスアイコ」も咲いております。

SIGMA sdQuattroH iso100 F6.3 1/100sec 33mm

 真っ赤な「プリンセス三笠」。

SIGMA sdQuattroH iso100 F5.6 1/400sec 39mm

 いろいろなバラ園で良く見かけます「ジュビレ デュ プリンス ドゥ モナコ」。

SIGMA sdQuattroH iso100 F6.3 1/250sec 63mm

 「プリンセス ドゥ モナコ」も咲いております。

SIGMA sdQuattroH iso100 F7.1 1/500sec 200mm

 モナコ王妃となったグレース・ケリーに因む「グレース ドゥ モナコ」。

 そのほかたくさんのロイヤルローズが咲いておりますが、綺麗な状態の花は少なくなってきておりますので、気になられます方はお急ぎになられました方が宜しいかと思われます。

SIGMA sdQuattroH iso100 F7.1 1/160sec 63mm

 ばら苑では、ロイヤルローズ以外にもたくさんのバラが咲いており、筆者が特に印象に残っておりますのが、こちらの「リメンブランス」。

 リメンブランスは独特の赤い色合いが印象的で、見頃となっております。

SIGMA sdQuattroH iso100 F8 1/80sec 75mm

 2023年5月17日現在の生田緑地ばら苑の春バラの開花状況としましては、品種によりまして開花状況に差がございますものの、全体としましては花数は多いものの、綺麗な状態の花が少なくなってきており、見頃のピークは過ぎてしまっておりますようで、見頃後半から終盤の開花状況になろうかと思われます。

 

生田緑地ばら苑 アクセスと駐車場

SIGMA sdQuattroH iso100 F8 1/80sec 28mm

 生田緑地へのアクセスにつきましては、ナビ設定の際や、各種公共交通機関の案内などでは、緑地の東口、もしくは西口が案内されますことが多くなってしまいますが、広大な敷地で、かつ、ばら苑につきましてはアクセスが少々異なってまいりますので、訪れます際はアクセスルートにご注意の程お願い申し上げます。

 ナビ設定などでは、「生田緑地」で検索するのではなく、「生田緑地ばら苑」で検索された方がスムーズに目的地を検索可能かと思われます。

 生田緑地ばら苑へのアクセスにつきましては、公共交通機関では、小田急向ヶ丘遊園駅下車、南口より徒歩13分ほどでばら苑正面ゲート、正面ゲートより更に数分、坂道と階段を上ってゆきます。

 神奈川県川崎市多摩区長尾2-8-1付近

 自家用車にてのアクセスは、今年はもみじ谷駐車場が閉鎖されており、台数に限りがございますので、ご注意の程お願い申し上げます。

 また正面ゲートより臨時駐車場までのアクセス道につきましては、片側交互通行となっておりますので、現地の係員の誘導に従いますようお願い申し上げます。

 臨時駐車場につきましては、1回500円、60台ほどの駐車が可能となっております。駐車場の詳しい場所につきましては、ばら苑のHPに地図が掲載されておりますので、ご確認の程お願い申し上げます。

 また、二輪車でのアクセスにつきましては、正面ゲートの左手付近に無料の駐輪場が設置されております。

 開園時間は9時より16時30分まで、ただし平日につきましては10時より開苑となっております(入園無料)。

 今回のカタスミ日記は、生田緑地ばら苑の2023年5月17日現在の春バラの開花状況をお届けいたしましたが、いかがでしたでしょうか。

 今年は特に例年以上の混雑が予想されますので、お出掛けの際はお時間に余裕をもってお出掛けになっていただきますようお願い申し上げます。

2023.05.18記

あなたの英語学習を強力サポート【エイゴバ】