昼神温泉の花桃 カラフルな春の装い  2023年見頃時期と開花状況、アクセスと駐車場 長野県阿智村

 春の花と言いますと、何を置きましてもやはり桜かとも思われます。桜の花の時期より少し遅れまして、南信州ではカラフルな花桃が見頃を迎えます。桜とは異なる雰囲気で、朗らかな春の陽気を感じさせてくれる花となっており、南信阿智村では町中で花桃が咲き誇り、あたかも桃源郷のようで多くのお花見客で賑わいます。今回のカタスミ日記は、南信阿智村昼神温泉の花桃の咲く風景をご紹介いたします。

 

南信の桃源郷 阿智村の花桃の咲く風景

春になると南信で観られる花桃ってどんな花?

SIGMA SD1Merrill iso100 F3.2 1/160sec 70mm

 ソメイヨシノよりも少し遅れまして、南信州では花桃が咲き誇ります。

 4月中旬頃より5月上旬頃にかけまして国道256号線沿いの約40㎞に渡り10,000本とも言われます花桃が植えられ、町中をカラフルな春色に染め上げてくれ、春の風物詩にもなっております。

 花桃は、観賞用の桃の花で、赤・白・ピンクとカラフルな色合いが美しく、春らしい朗らかな景色を奏でてくれます。

 南信地方では、もともとは大正時代に福沢諭吉の娘婿の福沢桃介がドイツ・ミュンヘンで見かけた花桃を日本に持ち帰り、木曽の発電所敷地に植えたことが始まりと言われております。

 また現在花桃の有名な阿智村には、妻籠から清内路村(現阿智村清内路)に嫁いできた大宮トメの嫁入り道具のひとつとして、花桃の木を手にして嫁入りをし、そこから地域の方が花桃を増やしていったと言われております。

 阿智村では、国道256号線沿いのほかに、月川温泉や昼神温泉などでも花桃を楽しむことができるようになっております。

SIGMA SD1Merrill iso100 F7.1 1/100sec 70mm

 

昼神温泉 花桃の見頃時期

SIGMA SD1Merrill iso100 F2.8 1/100sec 70mm

 花桃は、桜とは異なる雰囲気で、春の陽気を感じさせてくれる朗らかで華やかな花となっており、町中が赤・白・ピンクで染まり、そのカラフルなコントラストが美しく、花桃の咲く時期の阿智村は南信の桃源郷とも言われております。

 花桃のお花見スポットとしまして、この地域の中でも特に有名なスポットとしましては、月川温泉が有名なところかと思われます。

  月川温泉は、中央道園原インターからもほど近く、「日本一の桃源郷」と言われております。

 標高が750mから1,000m付近に位置しており、毎年4月中旬から5月上旬頃にかけまして約5,000本とも言われます花桃が華やかに咲き誇り、たくさんのお花見客で賑わう人気のスポットとなっております。

 ただ、花桃の見頃の時期になりますと渋滞や大混雑が予想されるほどの人気のスポットとなっておりますので、今回は月川温泉の花桃ではなく、比較的混雑の少ない昼神温泉の花桃の咲く風景をご紹介してゆきたいと思います。

 昼神温泉の花桃の方は、月川温泉よりも若干見頃の時期が早く、例年4月中旬から下旬頃が花桃の見頃の時期となっております。

 昼神温泉エリアでは、阿知川沿いや朝市広場周辺で約200本の花桃を楽しむことができるようになっておりますが、開花状況につきましては、南信州昼神温泉公式観光サイト内の「最新の花桃情報」のコーナーにて開花状況を毎日更新してくれておりますので、気になられます方はご確認の程お願い申し上げます。

 また昼神温泉は、強アルカリ性の「美肌の湯」とも言われ、古い角質を取り除きお肌がツルツルになると評判の温泉でもございますので、併せて温泉も楽しんでいただきたいところかと思われます。

SIGMA SD1Merrill iso100 F4 1/250sec 70mm

 

昼神の花桃 アクセスと駐車場

SIGMA SD1Merrill iso100 F4 1/125sec 34mm

 昼神温泉の花桃へのアクセスにつきましては、公共交通機関では、JR飯田線飯田駅より信南交通バス飯田駒場線にて30分ほど、「朝市広場前」もしくは「昼神温泉郷」バス停下車となっております。

 長野県下伊那郡阿智村智里331-1付近

 自家用車にてのアクセスにつきましては、中央道飯田山本インターより約6㎞、車で10分ほどとなっております。

 また例年花桃が見頃の時期には、花桃観賞用の臨時有料駐車場が開設され、駐車料金は普通車500円となっております。

SIGMA SD1Merrill iso100 F5.6 1/640sec 70mm

 

終わりに

 今回のカタスミ日記は、春の陽気を感じさせてくれます南信阿智村昼神温泉の花桃の咲く風景をご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。

 桜のお花見も春の風物詩ではございますが、桜とは異なる朗らかな風景を楽しむことができるものかと思われます。

 コロナウイルス感染拡大防止のため、基本的な感染防止策を心がけ、密を避け、人との距離を保ちながら、周りを意識しながら、観光を楽しんでいただきたいところかと思われます。

2023.03.29記