「土肥桜まつり」日本一早く咲く早咲きの桜 ピンクの花が可愛らしい土肥桜 見頃時期とアクセス、駐車場 静岡県伊豆市

 寒さが厳しくなってくる頃になりますと、伊豆では桜が咲き始めます。伊豆の東西で競い合うように、「日本一早く咲く早咲きの桜」を謳う熱海市の「あたみ桜」と伊豆市の「土肥桜」。両者はそれぞれ雰囲気の異なる花をつけますが、今回のカタスミ日記は、濃いピンクの花が可愛らしい「土肥桜」の見頃時期とお花見スポットの風景をご紹介いたします。

 

土肥桜ってどんな桜?

SIGMA sdQuattroH iso100 F4 1/800sec 20mm

 「日本一早く咲く早咲きの桜」としましてソメイヨシノよりも一足も二足も早い春を感じることができる伊豆土肥桜。

 土肥桜は早いものでは12月から1月上旬に開花が始まり、2月の後半までお花見を楽しむことができる桜となっております。

 もともとは、土肥の八木沢地区に寒緋桜と他種の自然交雑種としまして早咲きの桜が自生していたとも言われており、昭和33年頃北海道大学名誉教授故小川義雄氏が、土肥来遊の際に、小下田の佐藤医院で見つけ、それがきっかけで接ぎ木で殖やし始めた事が土肥桜の始まりと言われております。

 土肥桜と言いますと、濃いピンクの可愛らしい花が印象的な桜ではございますが、実は2種類あり、濃いピンクの花を付けます紅種と、白に近い淡い色合いの花を付けます白種がございます。

 何度か土肥桜のお花見に訪れてはおりますが、白種は紅種よりも若干見頃時期が遅いのかな、という印象になります。

 また、紅種につきましては、平成19年に「伊豆土肥桜」としまして品種登録も行われており、茎が長く一枝に6個もしくは7個ほど下向きに付ける可愛らしい花が特徴となっております。

SIGMA DP3Merrill iso100 F5.6 1/320sec 50mm

 

土肥桜の見頃時期と桜まつり

SIGMA sdQuattroH iso100 F4.5 1/500sec 15mm

 土肥桜の開花時期につきましては、その年の気候にも左右されますが、例年1月より開花が始まり1月下旬から2月中旬頃までが見頃となり、場所によりましては2月後半までお花見を楽しむことができるようになっております。

 桜の見頃の時期に合わせまして、今回で7回目を迎えます「土肥桜まつり」の開催も予定されております。

 開催時期につきましては、2022年1月20日(木曜日)より2月6日(日曜日)までの10時より15時までとなっており、地場産品の直売や和太鼓演奏、ミュージックライブなどの各種イベント、その他スタンプラリーなども開催される予定となっております。

 メイン会場となります松原公園芝生広場では、お花見を楽しむお花見客で賑わうイベントとなっております。

 松原公園の他にも土肥周辺では、万福寺、土肥金山、丸山スポーツ公園、恋人岬などでも土肥桜のお花見を楽しむことができるようになっております。

※コロナウイルス感染拡大状況によりましては、イベントの開催時期・時間などに変更がある場合もございます。お出掛け前に関連施設のHPなどで最新状況をご確認の上、お出掛けの程お願い申し上げます。

2022年2月4日現在 最新開花状況(別ページへリンク)

 

分散されている土肥桜の見どころのご紹介

一本桜が美しい万福寺

SIGMA sdQuattroH iso100 F5.6 1/250sec 18m

 桜まつりのメイン会場から徒歩数分の場所に位置しております万福寺。

 ひっそりと佇む寺院となりますが、境内に植えられております一本桜は樹齢50年とも言われており、左右に枝を広げる立派な一本桜となっております。

 非常に色づきの良い濃いピンクの花が印象的で、また土肥桜の中では、万福寺の土肥桜から始まると言われるほど、見頃の時期が早く、例年1月後半に見頃の時期を迎えます。

SIGMA sdQuattroH iso100 F3.5 1/1000sec 20mm

 

桜まつりメイン会場の松原公園

SIGMA sdQuattroH iso100 F5.6 1/640sec 18mm

 「土肥桜まつり」のメイン会場となり、土肥桜のお花見の際は松原公園を中心にしまして各スポットをお花見散策する事になろうかと思われます。

 広場を取り囲むように土肥桜が植えられており、紅種と白種の両方を楽しむことができるようになっております。

SIGMA sdQuattroH iso100 F5 1/1000sec 10mm

 また公園のすぐ裏手には穏やかな美しい海岸が広がっており、お花見とは別に海岸をのんびりと散策してみますこともお勧めとなっております。

 特に土肥桜の咲く寒さの厳しい季節には、海岸が赤く染まる夕焼けも美しい季節となりますので、併せて楽しみたいところかと思われます。

SIGMA sdQuattro iso100 F22 1/8sec 39mm

 

ライトアップも楽しみたい土肥金山

SIGMA sdQuattro iso100 F6,3 2sec 35mm

 土肥の観光と申しますと、土肥温泉と土肥金山を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

 その土肥金山でも土肥桜のお花見を楽しむことができるようになっております。

 土肥金山では、「土肥桜まつり」の期間に合わせまして、期間中の週末(金・土・日)には夜間ライトアップも予定されております。

 17時より20時30分までのライトアップで最終入場は20時となりますが、夜間のみの入場につきましては、入場無料となっておりますので、昼間とは異なる雰囲気の艶やかな土肥桜のお花見も是非とも楽しみたいところかと思われます。

SIGMA sdQuattro iso100 F5.6 3/10sec 70mm

 

土肥桜の原木のある丸山スポーツ公園

SIGMA sdQuattroH iso100 F5.6 1/320sec 20mm

 丸山スポーツ公園は、桜まつりのメイン会場の松原公園からは少し離れた場所に位置しておりますが、場所が離れているためか、混雑は少なく、土肥桜のお花見穴場スポットともなっております。

 穴場スポットと申しましても、土肥桜を語る上では外すことのできないスポットであり、もともと八木沢地区にありました土肥桜の原木と言われております古木が移植されまして、この丸山スポーツ公園内に植えられております。

 原木とも言われますだけあって、見事な枝ぶりの端正な古木となっております。

 また、丸山スポーツ公園内には、土肥桜の他、ソメイヨシノや大島桜、その他珍しい品種も植栽されており、春まで桜のリレーが続くようにもなっております。

SIGMA sdQuattroH iso100 F5 1/320sec 20mm

 

土肥桜お花見穴場スポットの恋人岬

SIGMA DP3Merrill iso100 F8 1/60sec 50mm

 恋人岬と申しますと、カップルに人気の観光地となり、週末になりますと多くの観光客で賑わうスポットともなりますが、実は、土肥桜のお花見の穴場スポットでもございます。

 恋人岬の土肥桜は、若干見頃は遅めの時期になる印象ですが、岬の先端に向かう遊歩道の方向ではなく、駐車場より南側にございます急勾配の坂を少し下りてゆきますと道の両側に土肥桜が並木状に植えられております。

 紅種と白種の両方を楽しむことができますが、狭い道路となりますので、車は駐車場に駐車した上で、お花見散策してみますことをお勧めいたします。

SIGMA DP3Merrill iso100 F5.6 1/200sec 50mm

 

土肥桜 アクセスと駐車場

SIGMA sdQuattroH iso100 F4 1/800sec 20mm

 土肥桜のアクセスにつきましては、土肥温泉、あるいは土肥金山を目印にアクセスしますと迷うこともなくお花見を楽しむことができるものと思われます。

 公共交通機関にてのアクセスにつきましては、伊豆箱根鉄道修善寺駅より松崎方面行き東海バスにて50分ほど、「土肥金山」バス停下車となっております。

 自家用車にてのアクセスにつきましては、東名高速沼津インターより約55㎞、車で1時間15分ほどとなっております。

 松原公園

   静岡県伊豆市土肥2662付近
   駐車場は完備されておりますが、桜まつり期間中は駐車場混雑いたします。

 土肥金山

   静岡県伊豆市土肥2726付近
   無料駐車場あり、通常営業時間9時~17時(通常入場料金1,000円)。

 万福寺

   静岡県伊豆市土肥135付近
   松原公園駐車場より650mほど、徒歩数分。

 丸山スポーツ公園

   静岡県伊豆市八木沢1361-1付近
   無料駐車場あり、松原公園より国道136号線を南へ3.7㎞ほど、車で数分。

 恋人岬

   静岡県伊豆市小下田3135-7付近
   無料駐車場あり、松原公園より国道136号線を南へ約8.1㎞、車で15分ほど。

2022年2月4日現在 最新開花状況(別ページへリンク)

SIGMA DP3Merrill iso100 F5 1/250sec 50mm

 

終わりに

 今回のカタスミ日記は、厳しい寒さの中で一足早い春を感じることのできます土肥桜の風景をご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。

 近年では「日本一早く咲く早咲きの桜」としまして注目度もアップしてきております土肥桜ではございますが、河津桜のように全国的な知名度を誇る訳ではございませんので、密を避けて、一足早いお花見を楽しみたい方にはお勧めのお花見スポットかと思われます。

 また、時期的には寒さの厳しい時期となってしまいますので、特にライトアップを楽しむ際などは、防寒対策をしっかりと行った上でお花見を楽しんでいただきたいところかと思われます。

 まだまだコロナウイルス感染拡大状況は予断の許さぬ状況が続いておりますが、密を避け、人との距離を保ちながら、周りを意識しながら、観光を楽しんでいただきたいところかと思われます。

2021.12.09記