宮ヶ瀬湖畔のドウダンツツジ 鳥居原エリア紅葉の見頃時期とアクセス、駐車場 神奈川県相模原市

 宮ヶ瀬と言いますと、クリスマスイルミネーションを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。しかしながら冬に入る前の今の秋の季節には、湖畔で真っ赤なドウダンツツジの紅葉を楽しむことができる紅葉の名所でもございます。今回のカタスミ日記は、神奈川県宮ヶ瀬湖畔の真っ赤に染まるドウダンツツジの紅葉風景をご紹介いたします。

 

湖畔が真っ赤に染まる宮ヶ瀬湖 鳥居原のドウダンツツジの絶景風景

宮ヶ瀬ってどんなところ?

SIGMA SD1Merrill iso100 F9 1/20sec 18mm

 宮ヶ瀬湖と言いますと、冬の風物詩、クリスマスイルミネーションを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。しかしながらイルミネーションの始まる前の時期、秋の深まりとともに紅葉を楽しむことができるスポットとしましても有名なところとなっております。

 また、週末になりますと、多くのツーリングライダーが訪れます人気のレジャースポットにもなっております。

 神奈川県の水がめ、宮ヶ瀬湖でございますが、緑と美しい水の豊かな湖で、ハイキングやカヌーなど自然散策を楽しむ方も多く訪れるエリアでもございます。

 宮ヶ瀬湖周辺は、主に、ダムエリア、宮ヶ瀬湖畔エリア、鳥居原エリアに分かれており、秋になりますと紅葉も楽しむことができるスポットとなっております。

SIGMA SD1Merrill iso100 F8 1/20sec 51mm

 

宮ヶ瀬湖 鳥居原ドウダンツツジの紅葉の見頃時期

SIGMA SD1Merrill iso100 F9 1/25sec 18mm

 宮ヶ瀬湖の鳥居原エリアでは、秋を迎えますと、真っ赤なドウダンツツジの紅葉を楽しむことができる紅葉の名所にもなっております。

 宮ヶ瀬湖の北岸に位置しております鳥居原ふれあいの館から湖畔に降りてゆく斜面に、ドウダンツツジが一面に植栽されております。

 斜面一面にドウダンツツジが植えられておりますので、そのスケールの大きさに、初めて訪れます方は驚くほどかと思われます。

 秋の深まりとともに湖岸の斜面が一面に真っ赤に染まってゆきます。秋晴れの青空と真っ赤なドウダンツツジのコントラストが美しい絶景を楽しむことができるスポットとなっており、見頃の時期には多くの人で賑わう人気の紅葉スポットとなっております。

 湖岸へは階段の遊歩道を降りてゆきますと行くことができるようになっており、また、斜面に植えられておりますドウダンツツジの間を散策することもできるようにもなっております。

 上から真っ赤なドウダンツツジと宮ヶ瀬湖を一望するも良し、湖畔まで降りてゆき、下から真っ赤なドウダンツツジと青空を見上げるも良し、それぞれ異なる雰囲気の風景を楽しむことができますので、上から見渡すだけでなく、是非とも湖畔まで降りて、散策を楽しんでいただきたいところかと思われます。

 宮ヶ瀬湖畔鳥居原のドウダンツツジの紅葉の見頃の時期につきましては、その年の気候にも左右されますが、例年11月上旬から中旬頃が見頃の時期となっております。

 ドウダンツツジの真っ赤な紅葉につきましては、光の差し込む角度によりましても随分と色鮮やかさが異なってまいりますので、日が高い時間帯でやや逆光気味の角度から観賞しますと鮮やかさが増して、見事な色合いを楽しむことができるかと思われます。

SIGMA SD1Merrill iso100 F10 1/20sec 87mm

 

宮ヶ瀬湖 アクセスと駐車場

SIGMA SD1Merrill iso100 F10 1/30sec 155mm

 宮ヶ瀬湖周辺のエリアにつきましては、3つのエリアが離れており距離もございますので、今回はドウダンツツジの紅葉が美しい鳥居原エリアに的を絞りましてアクセスと駐車場についてご紹介いたします。

 鳥居原エリアへの公共機関にてのアクセスにつきましては、JR横浜線橋本駅より鳥居原ふれあいの館行き神奈川中央交通バス(神奈中バス)にて50分ほど、終点「鳥居原ふれあいの館」バス停下車、すぐとなっております。

 神奈川県相模原市緑区鳥屋1674付近

 自家用車にてのアクセスにつきましては、圏央道相模原インターより国道412号線経由で30分ほどとなっております。

 駐車場につきましては、朝9時より17時30分まで、普通車平日無料、土日祝日500円となり、自動二輪者につきましては、土日祝日は100円となっております。

 また周辺道路は、カーブの多い山道となりますので、スピードの出しすぎ、動物の飛び出し等、車の運転にはくれぐれもご注意の程お願い申し上げます。

SIGMA SD1Merrill iso100 F9 1/40sec 18mm

 

終わりに

 今回のカタスミ日記は、宮ヶ瀬湖鳥居原エリアの真っ赤に染まるドウダンツツジの紅葉の風景をご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。

 まだまだコロナウイルス感染拡大状況は予断の許さぬ状況が続いておりますが、密を避け、人との距離を保ちながら、周りを意識しながら、観光を楽しんでいただきたいところかと思われます。

2021.11.12記