身近な公園で紅葉を楽しもう 平塚市総合公園の秋の風景 紅葉の見頃時期とアクセス、駐車場 神奈川県平塚市

 今回のカタスミ日記は「身近な公園で紅葉を楽しもう」シリーズ。昨今のコロナウイルス感染拡大状況から、遠方への外出を控えていらっしゃる方も多いかと思われます。しかしながら、季節は移ろうもので、秋の色づきを感じるため身近なところで近場の公園などを散策してみてはいかがでしょうか。今回は、平塚市民のオアシス、平塚市総合公園の秋の色づく風景をご紹介いたします。

 

平塚市総合公園の色づく秋の風景

平塚市総合公園ってどんなところ?

SIGMA sdQuattroH iso100 F11 1/4sec 42mm

 今回ご紹介いたします平塚市総合公園は、旧農林省果樹試験場跡地に市制施行50周年を記念しまして設置された総合公園となります。

 スポーツ、レクリエーション、市民のオアシスとしての拠点、また総合防災基地としての役割も担う施設にもなっております。

 広さは約30haほどの公園で、市役所や美術館、ショッピングモールなどのありますJR平塚駅の北側のエリアに位置しております。

 広い園内には、230種10万本とも言われます樹木が植えられており、季節の花なども楽しむこともできるほか、野球場やテニスコートなどのスポーツ施設、レストハウスや宿泊研修所などの施設も設置されております。

 また、市民の憩いの場としまして、遊具や芝生広場、ふれあい動物園なども設置されており、お天気の良い日には家族連れのみなさんが気軽に思い思いに楽しむことのできるスポットとなっております。

 平塚市総合公園の秋色の風景としましては、日本庭園の和の紅葉のほか、メタセコイア並木の色づきなどの紅葉も楽しむことができるようになっております。

SIGMA sdQuattroH iso100 F6.3 1/8sec 105mm

 

日本庭園の紅葉の見頃時期

SIGMA sdQuattroH iso100 F8 3/10sec 51mm

 平塚市総合公園内の一角に、日本庭園が設置されており、庭園内は和の佇まいを感じる少しばかり落ち着いた雰囲気のエリアとなっております。

 決して広大な庭園という訳ではございませんので、壮大な雰囲気は感じられませんが、こじんまりとした箱庭的雰囲気で、身近にしっとりとした時間を過ごすことができます空間となっております。

 庭園は、池を中心としました回遊式庭園で、東屋や木橋も設置されており、庭園内には緑の美しいクロマツや竹林に加えまして、秋になりますと紅葉の色づきを楽しむことができますカエデやクヌギ、コナラなども楽しむことができるようになっております。

 平塚市総合公園の紅葉の見頃の時期としましては、その年の気候にも左右されますが、例年12月の上旬頃が見頃の時期となっております。

 日本庭園につきましては、入場料は無料となりますが、庭園開園時間が朝9時より夕方5時までとなりますので、ご注意の程お願い申し上げます。

2021年12月7日現在 最新見頃状況(別ページへリンク)

SIGMA sdQuattroH iso100 F6.3 3/10sec 42mm

 

平塚市総合公園 アクセスと駐車場

SIGMA sdQuattroH iso160 F6.3 1/4sec 31mm

 平塚市総合公園へのアクセスにつきましては、公共交通機関では、JR東海道本線平塚駅北口より、神奈川中央交通バス(神奈中バス)にて約7分、「総合公園」バス停下車すぐとなっております。駅より1.7㎞ほどの所に位置しておりますので、徒歩にて向かうことも可能で、駅より徒歩30分ほどとなっております。

 神奈川県平塚市大原1-1付近

 自家用車にてのアクセスにつきましては、駐車場が何ヵ所か設置されており、目的に合わせまして駐車場の使い分けを行っていただいた方が宜しいかと思われます。

 駐車場につきましては、入庫後2時間までは無料、以降は超過料金が発生するようになっております。また、駐車場の開場時間は朝4時より22時までとなっておりますので、ご注意の程お願い申し上げます。

2021年12月7日現在 最新見頃状況(別ページへリンク)

SIGMA sdQuattroH iso160 F6.3 1/4sec 57mm

 

終わりに

 今回のカタスミ日記は、筆者も何度となく訪れております平塚市総合公園の色づく秋の風景をご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。

 今回は身近なところで秋の紅葉を楽しみ、季節の移ろいを感じていただこうという趣旨の投稿となりますが、身近な秋を感じるためにお出掛けしてみてはいかがでしょうか。身の周りでも意外と紅葉を楽しむことができる新たなスポットも発見できるかとも思われます。

 まだまだコロナウイルス感染拡大状況は予断の許さぬ状況が続いておりますが、密を避け、人との距離を保ちながら、周りを意識しながら、観光を楽しんでいただきたいところかと思われます。

2021.09.30記